10月1日天秤座新月*思い切って誠実に心を開いて分かち合うことで伸びやかに活動するとき

この記事は2分で読めます

10月1日9:11AM、天秤座の9度付近で新月になりました。

newmoon20161001

この新月のテーマは、

思い切って誠実に心を開いて分かち合うことで伸びやかに活動するとき

です。

自分で何とかやりくりしようとしたり、助けを求めずに自分でなんとかしたい、
というストイックな思いが強くなるあまり(冥王星山羊座2ハウス)、

自分の心の深いところで傷を抱えたまま
ずっと動けずにうずくまってしまったり、
安心できるコンフォートゾーンに引きこもりがちになっていたかもしれません(サウスノード4室魚座、海王星合)。

ですが、思い切って感情的な部分を他の人に分かち合い、
自分の限界を認めてゆだねたりすることで(冥王星対向点蟹座8ハウス)、

かえってあなたの社会的な活動がきちんと整理され、
広がりができてくるでしょう(ノースノード乙女座10ハウス、水星合)。

11ハウスで木星が寄り添う太陽と月は、
他の人と分かち合える未来の希望を象徴していますが、

この太陽と月に対して、サウスノード側の海王星が
クインカンクス(インコンジャンクション)の配置になっています。

曖昧になっている過去の傷との取り組みを通じて、
その未来の希望を磨き上げるべく調整が必要な時期です。

過去から未来へのシフトで大切になってくるのが、
自分の自由に責任を持つこと、自分が表現している真実をリアルな世界でも体現する誠実な在り方です(1ハウス射手座土星がノード軸に対してスクエア)。

日ごろから表明している・提唱している真実と違うことをしている、そんな態度では、
心の中の欺瞞が増えていき、結果として現実創造も混乱していきます。

断捨離したり、整理すべきことはきちんと整理して、
謙虚に社会に役立つことを念頭において、
自分の自由や誠実さを生きることが求められています。

過去の傷がどうであれ、
あなたが誠実であればあるほど、真実であればあるほど、
恐れていた「誰も助けてくれないのではないか」という想いは消えて、
サポートしてくれる人や、光の当たる舞台に引き上げてくれる人が増えてきて、
あなたの活動が広がっていきます。

思い切って誠実に心を開いて分かち合うことで伸びやかに活動することができるときです。



無料メルマガ「パクスルーナ通信」では、主にジェフ・グリーンの進化占星術など現代西洋占星術の知見を中心に東西神秘学の情報に基づいて、新月ごとの星読み定期便と、折々の重要な星の配置の時に配信する不定期便を毎月3~4回ベースで発信しています。

※定期便のサンプルはこちらからご覧いただけます。
講座やお茶会、ワークショップやセミナーはメルマガにて募集いたします。
よろしければ是非ご登録ください。

⇒ パクスルーナ通信(無料メルマガ)登録はこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. fullmoon20160818
  2. fullmoon170916
  3. 20161016fullmoon1
  4. newmoon20160901
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。