9月9日グランドクインタイル(五芒星)と木星の天秤座入り~楽しみながら自ら創造する

この記事は2分で読めます

2016年9月は1日の金環日食・16日の半影月食と重要なイベントがありますが、それ以外にも面白い配置ができています。
それが、グランドクインタイル(Grand Quintile)と呼ばれる五芒星アスペクトです。

grandquintile2016

クインタイルはマイナーアスペクトに分類されるアスペクトで、円を五分割した72度のアスペクトです。
5という数は金星と関連があり、薔薇の花弁の数でもあり、美や芸術性や創造性と関連しています。
そのため、クインタイルのアスペクトは、アーティスティックな才能を与えるともいわれています。

今回のグランドクインタイルは、トロピカルゾディアック上の乙女座最後の度数~天秤座最初の度数の木星が、
射手座の土星との間に形成するクインタイルに対して、
水瓶座のパラス、牡牛座のセレス、蟹座のベスタが手を結んで作り出される五芒星です。

木星と土星のクインタイルは、木星が取り入れてきたものに対して土星が生産的な構造を与えられることを意味しており、
女神の名前の小惑星は、パラスが創意工夫や創造性、セレスが育成や豊かさ、ベスタが献身と仕事への情熱を与えてくれます。

今回のグランドクインタイルは、まさに芸術の秋の始まりという感じですが、
ただ受け身で感じる芸術ではなく、自分自身が手を動かしたり行動に移すことで、
遊び心や創造性を楽しみながら具現化していくことを促してくれそうです。

グランドクインタイルの配置が前回できたのは2013年、そして次回できるのは2020年です。

厳密にいうと、8月28日にも月や金星・水星を巻き込む形でグランドクインタイルが形成されていました。
それが、3日ごろからタイトなアスペクトになり、11日くらいまで有効なオーブ範囲になります。

8月の後半から新月にかけては、
サウスノードと海王星に対して火星・土星・アンタレスがスクエアになるなど、「厳しめ」の配置が目立っていました。

9月9日は木星が天秤座に入り、また9月22日は秋分となって太陽が天秤座に入るため、
金星を支配星とする天秤座のエネルギーが活性化されてきます。

その天秤座のエネルギーの始まりを告げるプレリュードのように、
金星と縁の深いグランドクインタイルの五芒星が小惑星の女神のサポートで天空に描かれるこの時期、
楽しみながら自ら創造することにサポートが受け取れます。

ここでしっかりと甘さや楽しさのエネルギーにつながることで、
9月の大きな変容をスムーズに、そして軽やかに乗り越えていくことができるでしょう。



無料メルマガ「パクスルーナ通信」では、主にジェフ・グリーンの進化占星術など現代西洋占星術の知見を中心に東西神秘学の情報に基づいて、新月ごとの星読み定期便と、折々の重要な星の配置の時に配信する不定期便を毎月3~4回ベースで発信しています。

※定期便のサンプルはこちらからご覧いただけます。
講座やお茶会、ワークショップやセミナーはメルマガにて募集いたします。
よろしければ是非ご登録ください。

⇒ パクスルーナ通信(無料メルマガ)登録はこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. galaxy
  2. delicate-arch-night-stars-landscape
  3. jupiteringresslibra
  4. michaelmas
  5. septembersquare
  6. vestaplutooppo
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。