9月2日ヴェスタ・冥王星オポジション~聖なる性の炎で安心できる場所に整える

この記事は2分で読めます

9月2日、冥王星とヴェスタが正確なオポジションを取ります。ヴェスタは2016年9月にとても象徴的な動きをしますので、いくつか記事を書きたいと思いますが、今回の記事では冥王星とヴェスタのオポジションの意味について書いてみたいと思います。

vestaplutooppo

ヴェスタは、1807年に発見された小惑星で、ローマの女神ヴェスタ(vesta)に由来します。一般的にヴェスタは、家庭の守り神といわれており、そのシンボルは竈に灯る炎を指しています。

が、実際のヴェスタの神話や文化史をさかのぼると、もっと複雑な象徴が出てきます。

最も古い神話では、ヴェスタは神に仕える巫女のことで、女祭司、Priestessでした。ヴェスタは処女神と訳されることもありますが、実はこの「処女」という言葉は、本来は性行為をしていない女性という意味ではなく、結婚して誰かのものにならない(妻でもなく、母でもなく、娘でもなく、姉妹でもない)自立した女性という意味でした。

実際、ヴェスタの神殿は、母系社会の時代は性の秘儀を伝授する場所であり、ヴェスタの巫女たちは神聖娼婦として神に代わって聖なる性を教えていました。ヴェスタの炎はその神殿の祭壇に灯る聖なる炎であり、女性の性的なエネルギーの象徴でもありました。

やがて時代が下るにつれて、男性中心の父権社会が台頭すると、ヴェスタは文字通りの「処女」として神に人生を捧げるようになり、性の秘儀は伝授されなくなりました。このようにして、聖なる女祭司としての自立した存在から、男性の管理下に置かれるようになったのです。

このことから、欧米の占星術の本では、ヴェスタは女性が霊的にパワフルな力をもっていた母系社会の記憶や、聖なる性の秘儀とその抑圧・弾圧などを意味しているともいわれています。

ヴェスタは、女性が内側に秘めている強い炎のような聖なる性の力を象徴しています。それは、ひたむきに使われれば献身と守護になり、悪用すれば奔放に人々を傷つける災いにもなるものです。

2016年9月、ヴェスタは、冥王星との正確なオポジションを経て、9月16日の満月(半影月食)では蟹座の20度まで進みます。

ジェフ・グリーンが提唱する進化占星術では、冥王星はソウル(魂)そのものであり、進化の鍵を握る天体です。そして、冥王星と反対側の位置に来る天体は、冥王星に対してバランスを取るべき領域を示していると考えます。

つまりこの時期、人類の集合的なソウル(冥王星)がバランスを取るべきポイントとして指示しているのが、オポジションになるヴェスタだと言えます。

山羊座の冥王星は、男性的な社会の規範や枠組みへの執着を象徴していますが、これに対してヴェスタは、蟹座にあり、自分が安心できるスペース(蟹座)に聖なる炎をともし、誰にも侵されないようひたむきに守護することの大切さを教えています。

山羊座の冥王星と蟹座のヴェスタのオポジションのイメージとしては、

厳格な計算式に基づいて設計された冷たい石づくりの建築の中に、聖なる炎をともすことで心安らげる場所にして守る

という感じです。

恐怖を感じたときに人間はつい体に力が入ってしまいますが、そんなときはさらに体を固くすると冷たくなってしまいます。それよりも、リラックスして身体を温める方が結果として抵抗力・免疫力が上がり守りが入ってきます。そんなイメージが冥王星とヴェスタのオポジションから感じられます。

ヴェスタに関しては、冥王星とオポジションというだけではなく、もう一つ、冥王星の惑星ノードとも関連するとても面白いことがあります。これについては、後日記事にしたいと思います(追記:こちらにて記事を書きました)。

 



無料メルマガ「パクスルーナ通信」では、主にジェフ・グリーンの進化占星術など現代西洋占星術の知見を中心に東西神秘学の情報に基づいて、新月ごとの星読み定期便と、折々の重要な星の配置の時に配信する不定期便を毎月3~4回ベースで発信しています。

※定期便のサンプルはこちらからご覧いただけます。
講座やお茶会、ワークショップやセミナーはメルマガにて募集いたします。
よろしければ是非ご登録ください。

⇒ パクスルーナ通信(無料メルマガ)登録はこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2016-08-life-of-pix-free-stock-landscape-reflections-milkyway-stefanstefancik-1
  2. delicate-arch-night-stars-landscape
  3. septembersquare
  4. galaxy
  5. syubun20160922
  6. angel-watch
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。