パクスルーナ通信サンプル

パクスルーナ通信は、基本的に毎月1日に配信されるその月ごとの星模様をお伝えする定期便と、不定期で重要な星の動きや配置をお伝えする号外を毎月3~4回配信します。

パクスルーナの星読みは、ジェフ・グリーンの進化占星術をベースに、サイデリアル占星術や秘教占星術、恒星の情報、惑星の会合周期などを適宜取り入れたリーディングになります。

今後、西洋占星術の講座やお茶会・ワークショップのお知らせ、鑑定のお知らせなどもお送りしていきます。よろしければ、こちらからご購読ください。

>>>パクスルーナ通信を購読する


パクスルーナ通信定期便サンプル

パクスルーナ通信 2016年9月1日号

2016年9月は1日、乙女座9度付近での新月で開始です。
2016年9月は、日食と月食、木星の天秤座入り、秋分とイベントが目白押しです。

会合周期や恒星関連の話題は、その都度ブログにて記事にしていきます。
まずは、主要天体の動きについての2016年9月の星模様をお伝えします。

9月1日 18:03 新月 乙女座9度(金環日食)
9月7日 3:44 月が蠍座遠地点に合
9月9日 20:19 天秤座木星入り
9月9日 20:50 上弦の月 射手座17度
9月17日 4:06 満月 魚座24度(月食)
9月22日 水星順行へ
9月22日 23:22 太陽天秤座入り(秋分)
9月23日 18:57 下弦の月 蟹座0度
9月23日 23:52 金星蠍座入り
9月27日 17:08 火星山羊座入り
9月27日 冥王星順行へ

太陽 乙女座9度→天秤座6度
水星 乙女座29度逆行→14度→19度
金星 天秤座1度→蠍座7度
火星 射手座13度→山羊座1度
木星 乙女座28度→天秤座4度
土星 射手座10度→11度
天王星 牡羊座24度逆行→23度
海王星 魚座10度逆行→9度
冥王星 山羊座15度逆行→14度

2016年9月のテーマ:甘さと厳しさの間で人とつながるための魅せられる自分へ脱皮

2016年9月のテーマは、
「甘さと厳しさの間で人とつながるための魅せられる自分へ脱皮」
です。

9月という季節はそもそも、太陽が乙女座から天秤座へ抜けていく時期。
乙女座は調整と識別を司り、天秤座はその結果完成したものをもとに相手(他者)と交わることがテーマです。
そのため9月は、舞台本番前に舞台の袖で台本の最終チェックをしたり、衣装を整えて、いざ舞台に出るというような季節となります。

水星の逆行と日食の新月で幕を開けた2016年9月。
8月末には、金星・水星・木星が次々に合となって互いにエネルギーを分かち合っていましたが、
今度は、9月3日の三日月が、金星・水星・木星に次々に合になり、
収穫の祝福のエネルギーを受け取ります。
この9月3日には、地球と海王星の会合周期が新しくスタートします。

そして、9月3日から11日くらいまでの間、非常に珍しい配置が形成されます。
それが、グランドクインタイルという、5つの天体が正確な五芒星を描く配置です。

今回のグランドクインタイルは、
乙女座後期~天秤座前半の木星、射手座の土星、水瓶座のパラス、牡牛座のセレス、蟹座のベスタの間で形成されます。

グランドクインタイルは、クインタイルというアーティスティックな才能を示すアスペクトが、さらに芸術と関連の深い金星と関連のある五芒星という形になって作られる配置です。
グランドクインタイルは、金星支配の天秤座の季節・芸術の秋の始まりにふさわしい華やかな「甘さ」を与えてくれます。

そして、このグランドクインタイルが形成されている期間中である9月9日に木星が天秤座に入るのです。
まさに木星の天秤座入りを告げるプレリュードのようなグランドクインタイル。
9月9日は上弦の月でもあります。

このグランドクインタイルが「甘さ」であるとしたら、
「厳しさ」を思わせる配置が、8月頃から形成されている、射手座の火星・土星(そしてアンタレス)と、サウスノード海王星とノースノードの間で作られているTスクエアです。

既に2回にわたって正確なスクエアを形成した土星と海王星は、9月10日に最後となる3回目のスクエアを形成します。まだ有効なオーブ範囲にある火星とともに土星が鋭くノード軸を分断し、多くの人が緊張を感じやすいでしょう。

自由で伸びやかな射手座の火星と土星が、神への奉仕を表す魚座と人への奉仕を表す乙女座のノード軸を左右に見ながら、自分が手にした行動力と構築力を、誰のために使おうか?と思案しているような配置です。

この葛藤のエネルギーを建設的に昇華するには、ノースノード側が乙女座ですので、具体的に役立つことや、影働き的な行動を意識していくのがいいでしょう。

ただ、柔軟宮同士のTスクエアですので、具体的な行動に出ようとしても出られないもどかしさを感じやすい時期です。

まだこの時期は水星も逆行していますので、白黒つけるのではなく、細かな微調整に集中するとよいでしょう。

9月17日は、魚座で満月(半影月食)が起きます。

そして、9月21日ごろになると水星が順行に転じます。この頃の水星の位置は、8月10日頃の位置に戻ってきていますので、その頃にやろうとしていたことを改めて考えてみるといいでしょう。

水星逆行明けの22日、秋分となり、太陽が天秤座に移動します。
翌日の23日、下弦の月になり、金星が蠍座へ移動。
27日には約半年の冥王星の逆行期間が終わります。
そして、28日には射手座を駆け足で駆け抜けた火星が山羊座へ移動。

星々が甘さ(グランドクインタイル)と厳しさ(Tスクエア)の両方のエネルギーを投げかけながら、
個人としての調整を経て(乙女座)、人とつながるために魅せられる自分へ脱皮すること(天秤座)を促す・・・そんな星の配置が、2016年9月の星模様です。

>>>パクスルーナ通信を購読する

RETURN TOP

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。