占星術コラム

たつき諒さんの予言と星の動き。2025年7月25日について考えてみる。

ここ数か月ほど、東日本大震災(2011年3月)を予言したということで話題になっている漫画家のたつき諒氏の「私が見た未来完全版」を先日購入してみました。ネットでは本人ではない人がなりすましをしたり、2021年8月に富士山が噴火するかも?という流言飛語が飛び交ったりしていたのですが、こちらの本はたつき諒氏本人が、最新の夢の内容に基づいて描いたものだそうです。

created by Rinker
¥1,080
(2021/12/03 20:48:58時点 Amazon調べ-詳細)

この本の中で新しい情報として出されたのが、2021年7月25日にたつき諒氏が見たという夢によると、2025年7月5日明け方に、太平洋沿岸を3.11の数倍の災害(津波)が襲うらしいのです。

そこで、たつき諒氏が描いた「私が見た未来」で予言されている「大災難」が起きるという2025年7月5日にからめて、「2025年、星から見た傾向と対策」みたいな内容をお伝えしようかと思っています。

これは、不安をあおるためではなく、希望ある未来を描くために、これから数年先の星の動きを客観的に俯瞰してみようという試みです。

たつき諒氏「私が見た未来」で予言されている重要イベント「大災難」2025年7月5日について

たつき諒氏は、時々予知夢を見るようになり、その夢日記をつけていたそうです。
そして、阪神淡路大震災を当てたとか、3.11を予言したとか、その他いろいろ言われています。

ここ数年紆余曲折があり、たつきさんのなりすましが現れたこともありましたが、ついにたつき諒氏本人が、2021年10月2日「私が見た未来 完全版」を出版。

それによると、2025年7月5日午前中に「大災難」が来るということが言われています。

具体的には、どうやら日本の南、太平洋沖で3.11の数倍以上の大きな地震があって、(地球規模、とたつき諒氏は語っています)津波や地殻変動的なことが起きるらしいのです。

・・・ところが。

ここからがすごく大事なことですが、たつき諒氏によると、

壊滅的な大津波が日本の太平洋側を襲うが、事前に準備しておいたことで多くの命が助かり、速やかに復興に向かって人々が活き活きと暮らしている、明るい未来像も夢に見えた。

ということなのです。

そして、この大災難の後から、日本だけではなく世界の状況は大きく変化していくそうです。

大災難の後に訪れる新たな世界

たつき諒氏が夢で見た新しい世界とは、いわゆる「災害ユートピア」的な世界。

人々が当たり前の生活をお互いに助け合って明るく楽しく生活している世界。
心を中心において、精神性を大切にする世界。

どこか懐かしく、同時に進化した世界。

どうやら、そういう世界が来るらしいのです・・・。

星の動きから検証する、たつき諒氏の予言の裏付け

最初私は、たつき諒氏の噂を聞いたときにちょっと眉唾ものと思っていました。

ですが、「2025年ごろに何かがあり得る」しかも、おそらくそれは、
「国境を変えるような出来事、それこそ地殻変動や、海岸線の形が変わってしまうようなレベルの出来事」、
ということは、私自身も星の動きを見て以前分析していました。

※昔こちらのブログに記事を書きました。

あわせて読みたい
2020年以降春分点を通過する大天体について~木星、土星、海王星と冥王星・天王星の動きについて2020年以降、春分点(アリーズポイント、牡羊ポイント、牡羊座ポイント)を次々に大天体(社会的に影響を与える天体)が通過します。この記事...

上記の記事の中でも、

「2025年~2026年にかけての海王星と土星の春分点ダブルトランジットは要注目」と書きました。

実は、2025年~2026年にかけて、海王星と土星が両方とも春分点(牡羊座0度付近)をうろうろするんですよね。

※こちらに年表をまとめました。

・・・ご存知の方もいると思いますが、春分点付近を土星~冥王星の社会天体がトランジットするとき、非常に激烈なことが起きたりします。

その一例が3.11です。

3.11は、ちょうど天王星が魚座の最後、春分点付近にあるときに起きています。(そして、山羊座の冥王星とスクエアになっていました)

こんな風に、春分点通過は、大天体1つだけでも激烈なのに、2025年~2026年にかけて、(もっと幅を持たせると2024年~2027年にかけて)土星と海王星がほぼ合の状態になったままダブルでトランジットするわけなので何かあってもおかしくない配置です。

ちなみに、1988-1989年の土星と海王星の合ではソビエト連邦が崩壊しました。

このように構造(土星)が融解する(海王星)ということが考えられる配置でもありますが、
2025年~2026年の場合は、この土星と海王星のペアが、さらに春分点を同時に通過。

よって、人間社会の次元の話だけではなく、たつき諒氏が予言しているように「地球規模」の出来事、つまり、津波と災害(海王星)による地殻(土星)の変動という形で現れる可能性は十分にあり得ます。

しかし、この2025年~2026年以降、海王星と土星のペアに対して、水瓶座の冥王星と、双子座の天王星が、60度・60度・120度という創意工夫を通じた調和を生み出すという「小三角」の配置をとるので、

まさにたつき諒氏が予言しているようにある種の明るい未来が来る、もっというと、創意工夫を通じて調和的な未来を生み出す、という「復興」的な状況も示唆されています。

冥王星水瓶座時代の中でもある種の黄金期みたいな時期が来るのではないかと感じています。

予言は備えてもらって外すためのもの

当初たつき諒氏は、「他の人にも伝えれば、悪い予言は実現化しない」と思い、いろいろな人に自分の見た夢を伝えていたそうです。

しかし、結局、悪い予言は当たってしまう・・。

そこでたつき諒氏は、漫画というメディアを使ってより多くの人に自分の予言を届けたいと思ったそうです。
それによって、人々の意識が変わり、対策を立てることができるのではないかと。
それが、1999年にたつき諒氏が初版の「私が見た未来」を出すきっかけになったとか。

しかし、この当時、たつき諒氏の言葉に耳を傾ける人は少なかったと言います。
そして、残念ながらほとんどの人が備えのないまま3.11は起きてしまいました。

その後、漫画家を引退してひっそり暮らしていたたつき諒氏でしたがここ最近自分の漫画が再発掘され、注目されていることには何かの意味があると感じ、

自分が見た予知夢、2025年7月5日とその出来事がたくさんの人々の意識に届くことを願って、
今回完全版の「私が見た未来」を刊行することにしたそうです。

・・・以下、引用します。

「大切なのは、準備すること。
災難(2021年7月5日)の後の生き方を考えて、
今から準備・行動しておくことの重要さを
改めて認識してほしいのです」

2025年7月5日のチャートを分析する

ところで、占星術的に分析してみても、たつき諒氏の予言した2025年7月5日4:18AMのチャートは
かなり意味深い配置になっています。

・・・まず、一番目を引くのが、ノード軸(サウスノード乙女座・ノースノード魚座)がほぼMC/ICラインに重なっていること。

(余談ですが、このノード軸がMC/ICに合という配置は絶対王政や啓蒙主義が揺らぐきっかけになった
1755年のリスボン大地震のときにもできている配置です)

この出来事が、日本や太平洋のアジア諸国にとっては、国家の構造レベルの大きな転換期になり得るものである
ということが示唆されています。

そして、月と冥王星のスクエア。同時に、月は、月の遠地点(リリス)にとても近い位置にあります。

リリスと冥王星のスクエアの配置は歴史的にも悲惨な出来事が起きやすい時期ですが、
※リリス講座でもボーナストラックとしてお伝えしています。

あわせて読みたい
花の香りを強める天国の風と豊穣の闇~3つのリリスの統合とイシュタルゲート講座 ほとんどの悪徳は、完全に開花できていない美徳である。-マルグリット・デュラス エデンとは性そのものである。私た...

さらにこのリリスと月が合で絡んでいますので、より一層悲劇的なことが現象化しやすい配置です。

そしてこの蠍座の月は、海王星・土星と、天王星・金星との間でゆるくヨッドになり、結果として、土星&トランスサタニアン全部とのかなり運命的なアスペクトを形成しています。

しかし、明るい配置もあります。

まず、日本時間で出すと、蟹座アセンダント付近で太陽と木星が合。

そして、アセンダントの支配星の月は、この太陽・木星の合とトラインです。

魚座ノースノードの支配星は海王星で、春分点近くにあって土星が合ですが、その海王星・土星のペアは、
乙女座ノースノードの支配星である獅子座の水星と緩やかにトライン。

過去の災害に対する備えや教訓が、起きてきた社会や地球の変化に対して自発的に活かされていくような配置です。

水星は月とスクエアですので、確かに私たちの心は無傷ではいられませんが、率先して智恵をはたらかせていくことが求められる、そういう配置でもあります。

いずれにせよ、備えあれば憂いなし。

この場合の備えとは、単に防災グッズを買っておくというだけでなく

この大災難を乗り越えた先にこうあってほしいという理想の未来を考え、そのために日々の行動を見直すことでもあると思います。

ちなみに2025年に関しては、この配置以外にも重要な天体のイベントがありますので、そちらはまたメルマガ読者様限定記事で配信しますね。

ABOUT ME
高橋ともえ
1981年生まれ。訳書に、『ヒーリングエンジェルシンボル』(ヴィジョナリーカンパニー)、『四気質の治療学』(フレグランスジャーナル)がある。詳しいプロフィールはこちらから。
パクスルーナからのお知らせ

当サイトの内容、テキスト、画像等は著作権法で守られています。無断転載・無断使用を固く禁じます。また、まとめサイト等への引用を厳禁いたします。

鑑定・講座・セミナー情報について

現在提供中のセミナー・鑑定・講座の一覧はこちらにまとめています。

PAXLUNA 高橋ともえ 最新のセミナー・講座・鑑定一覧

最新の情報はこちらからお知らせしています。(セミナー等のお申込にはメルマガへの登録が必要です)

最新のセミナー情報

無料メルマガ「パクスルーナ通信」のお知らせ

docomo、softbankなどのメールアドレスでは正しく登録されないようです。お手数ですが受信設定を変更いただくか(こちらをご参照ください)、gmailなど別のメールアドレスでご登録ください。

無料メルマガ「パクスルーナ通信」では、進化占星術、秘教占星術、人智学系の占星術、ヘリオセントリック占星術など現代西洋占星術の知見を中心に、東西神秘学の情報に基づく折々の重要な星の配置や気付きのメモを不定期に(毎月3~4回ベース)で発信しています。

※定期便のサンプルはこちらからご覧いただけます。
講座やお茶会、ワークショップやセミナーはメルマガにて募集いたします。

営業日やシェア会等の日程一覧はこちらのカレンダーに掲載しています。

PAXLUNAカレンダー

注意:イニシャルのみや「あいうえお」等明らかに名前ではないご登録はご遠慮いただいております。ご登録いただいても削除いたしますのでご了承ください。本名またはビジネスネーム等でご登録ください。

★1週間以上前に登録してまだ1通もメルマガが来ていない方は、お手数をおかけしますが暫定登録フォームよりご登録をお願いします(※下記ボタンより入れる外部サイトに暫定登録フォームのURLを記載しています)。ただし、docomoやsoftbank等のメールアドレスの方は、受信設定でメールを受信できないようになっているケースが多いのでご確認いただけますようお願いします。

パクスルーナ無料メルマガ登録はこちらから

Paypal.meにてドネーションを受け付けています。

Paypal.meでPAXLUNAにドネーションをする

関連記事