【期間限定】聖十二夜のノートワーク 2022年~2023年

聖十二夜、人は次の1年のビジョンを見る

聖十二夜とは、クリスマスイブから三博士の日(12月24日~翌年の1月6日)のことです。

この聖十二夜は、地球がゾディアック意識につながりやすい時期です。

太陰暦は354日。
太陽暦は365日。

この差は12日あります。
この差が、聖十二夜に相当します。

実は、聖十二夜の間、太陰暦と太陽暦のギャップがあり、太陰暦の日数が足りないため、月が沈黙していると考えられます。

よって、聖十二夜の日中(昼間)は、太陽意識がストレートに地球に降りてくると考えられます。

普段は月の影響によって見えてこない自分自身の行いを振り返るのに最適な時期になります。

・・・さらにこの期間、夜になると太陽が沈みます。

月に続いて太陽が眠ると、今度は、星々(ゾディアック)の次元からの未来の情報がストレートに地上に降りてくると言われています。

そして、聖十二夜の各日に、ゾディアックの星座1つに相当する体験ができると言われていました。

さらに言うと、聖十二夜の期間というのは、毎年地球が太陽に最も近づく近日点もあります。
近日点に近づくときの地球は、より未来志向であり、霊的な性質が高まると言われています。

※参考記事

あわせて読みたい
太陽近日点通過、これから立春までの流れと1月6日までの聖十二夜昨日1月2日夜、地球は太陽に最も近づく近日点を通過しました。この季節、北半球は冬で、最も寒い季節になりますが、実は地球のコアは黄金色に輝...

つまり、聖十二夜の時期というのは、きわめてスピリチュアルであり進化発展を遂げた地球の未来の姿が垣間見える霊的な時間なのです。

そして、このスピリチュアルで進化発展を遂げた未来の姿というのは、地球に関して当てはまるだけではなく私たちにも当てはまります。

聖十二夜の一夜、一夜は、来年1年(12か月)の間に起きてくることを象徴的に予知・予測する好機なのです。
そう、私たち自身の未来の姿もこの時期夢見るようにガイダンスとして受け取ることができるのです。

2021年~2022年度の聖十二夜のノートワークは、日本国内だけではなく、カナダ、ドイツ、フランス、タイ、ハワイ、トルコ等の場所からたくさんの方にご参加いただき、大変好評を博しました。

より多くの人たちでエネルギーを合わせてワークに取り組むことで、より一層充実したひと時を過ごすことができます。

2022年~2023年のテーマは「聖霊と祈り」

さらに今年は、昨年の皆様のご感想をふまえ、「聖霊」の次元とつながりを深めるために、「祈り」の要素を強めたワークを取り入れます。

ノートワークでは、来年1年の未来予測をしますが、未来を予測するときにカードのリーディングの内容や悪い予感が起きてきたときにも、「聖霊」とつながる「祈り」を取り入れることで、そういったネガティブに見えることがらを奇跡の次元へと戻していくことができます。

また、任意参加ですがご希望の皆様と年明け後に無料で参加できるZoomシェア会も開催します(場合によっては複数回計画しています)。

よろしければ皆で、ノートワークの分かち合いをして、2023年の良いスタートを切りましょう!

お申込期限は2022年12月19日23:59です。
※ワークのガイダンスのメルマガは12月23日から送ります。

2022/2023年の聖十二夜のノートワークに申し込む


★参加された方のご感想★

聖12夜のワークに取り組んだことで
能動的に人生を生きることに踏み出せました。

今年は聖十二夜のワークのおかげで、しっかり前年のひと月ごと+年総括ができたので、
今年をスッキリとスタートできたと思います。本当にありがとうございます!

人生初の「聖十二夜のノートワーク」が無事、終わりました。ちゃんとビジョンサンクチュアリも完成して、なんだかジーンとしてしまいました。何より、こういった「儀式」っぽいことが純粋に楽しくて年末年始にこんなにワクワクしたことがあっただろうかと思った次第です。ステキな魔法のひとときをありがとうございました。

本来こういった書き出し系のノートワークやビジョンを作ることはあまり得意ではありませんでした。やってみてもどこか表面的というか、やりたくないのに無理矢理やっているだけというか…
でも今回の「聖十二夜のノートワーク」では長期にわたり、1日1日じっくり取り組めたことで
しっかり自分の内側の声や、自分のガイドの声を受け取れた感覚が強く、かなり情報が整理されていたのでビジョンサンクチュアリ制作も迷いなく作ることができました!

2022年、ノートワークとサンクチュアリを胸に、
自分と天を信じて、多くを学びながら自信を持って進んでいけそうです!
とても素敵な企画をありがとうございました!


★聖12夜のノートワーク 詳細★

期間:2022年12月23日~2023年1月16日
※メインのワーク期間は、2022年12月24日~2023年1月6日です。

内容(コンテンツ)
・聖十二夜とは?
・太陽暦と太陰暦の差
・古代から続く聖十二夜の伝統
・霊的なゾディアックと地上的なゾディアック
・聖十二夜の昼:2022年を振り返る
・聖十二夜の夜:2023年を予想する
・1年を終えるクロージングノートワーク
・1年を始めるオープニングノートワーク
・2023年のビジョンサンクチュアリを作る

ワーク参加の特典
・1年間資料類が閲覧できる会員サイトへご招待(SNS不要)
・2022年~2023年の聖十二夜のカレンダー
・ノートワークの資料
・高橋ともえのカードリーディング動画等
・2023年1月以降開催予定のシェア会への参加(任意)

ワークのために用意するもの
【必須】
筆記用具
13枚のメモと封筒

【任意】
ノート1冊(※冊子コースをお申込みの方は、冊子に書き込める欄があるので不要です。冊子は国内発送のみ可能なので、海外の方はノートをご用意ください)
オラクルカードやタロットカード(※ご希望の方のみご用意ください)

<おまけ>
ノートワークでは、オラクルカードやタロットカードのワークをおすすめしていますが、オラクルカードやタロットカードがなくても今回のワーク参加に全く問題ありません。
参考までに、高橋ともえのカードリーディングも配信します。
ビブリオマンシーのようにリーディング中の気になったワードを書き留めることが可能です。1年間視聴可能なので、また1年後の振り返りに使ってみてください。


★ワークの参加費用★

冊子ありコース 10,000円(税込) ※冊子は国内発送のみです

冊子なしコース 9,000円(税込)

お申込期限は2022年12月19日23:59です。冊子コースご希望の方は16日までのお申し込みでワーク前日までに冊子が届きます。それ以降のお申込みはワーク開始後の冊子のお届けになりますのでご注意下さい。
※ワークのガイダンスのメルマガは12月23日から送ります。

2022/2023年の聖十二夜のノートワークに申し込む