お客様の声・アストロマップ鑑定

アストロマップ鑑定・お客様の声その1~夫の海外赴任先が超越エリアだと知って興味深かったです!

アストロマップ鑑定のお客様の声です。※こちらのお客様はモニター期間中の感想になります。

高橋様

アストロマップ鑑定、ありがとうございました。

この度、私が高橋さんのアストロマップ鑑定を受けようと思い立った理由は以下の通りです。

⒈ 縁のある土地を知りたかった
⒉ 夫の仕事に海外赴任は付きものなので、新たな国への転勤が決まった際、
どういう心構えでいればよいか、参考になると思った
⒊ ブログの愛読者だった

鑑定を受ける前に Astorodienst で自分のラインをチェックして、以前住んでいたXXXと現在住んでいる●●●が、いわゆるハッピーハッピーな土地ではなさそうだとは承知していましたが、☆☆☆が超越エリアとは意外だったものの、ここでの経験が現在の私の幸福に大いに寄与していると実感しているので、鑑定結果に納得しています。

XXXに関しては鑑定して頂いた通りの経験をしてます。ただ、私の場合には影響がハッキリと目に見える形で現れたのは帰国後1年経ってからでした。

☆☆☆に住んでいたのは現在から6年以上も前のことですが、そのお隣の国には興味があったものの、☆☆☆がある国なんて旅行先としても全く眼中になく、夫の赴任が決まった時には目が点になったものですが(夫自身は第1希望☆☆☆、第2希望は中国のある都市と、会社に意思表示していたそうです)、
☆☆☆赴任が決まるや思ってもいなかった方向からトラブルがやってきて、滞在中も黒い影となって心を覆っていました。
でもこの時のことを振り返ってみれば、☆☆☆への赴任が決まったからこそ、一気に膿が噴出して、私も自分自身が積み上げてきたものに対して真摯に受け止め、向かい合うことができたのだと思います。
また、この期間中に地の利を存分に活用して若い頃から憧れてたバックパッカーじみた旅も存分に楽しんだのですが、殆どこのラインに入っています。+++だけは体調が悪かったため、さほど満喫できませんでしたが…

現在住んでいる●●●ですが、これ、実は夫婦揃って願った結果でもあるのです。積極的に●●●をリクエストしたわけではないのですが、先に住んだことのあるXXX&☆☆☆が、関心ゼロにもかかわらず住んでみたら楽しかったという経験があったものですから、「どうせなら旅行ではまず訪れようとしない所に住んでみたいね〜」なんて常日頃語り合っていたのが現実化してしまい、喜んで来てみたところ、拡声器から一斉に流されるアザーンに悩まされる事態となっています(笑)

●●●が住むには結構キツイ街なので、少しでも●●●のある国のいいところを探そうとしていたところ、認識を新たにするようになったのがバングラデシュ製のバッグを製造販売しているマザーハウスで、●●●のある国で作られたジュエリーも扱っていたことから、それがインターネット検索に引っかかりました。マザーハウスは谷中に住んでいた時に、いつもいく八百屋さんの近くに店舗があったので存在は知っていたのですが、ちょうどこの時期に長年使っていたバッグが傷んだので、健康診断で一時帰国した折り、●●●のある国で作られたジュエリーがどんなものが見るついでに、気に入ったものがあればバッグも買おうと店舗に足を踏み入れ、結局バッグを購入し、●●●でも出かける時のお供となっています。知らないうちに金星ラインのアクティベートができていたようです。

モンゴル西〜ロシアにかけての超越エリアですが、私が20代前半の頃、NHKで『大モンゴル』というシリーズ番組が放映されたことがあって、その中でもプレスタージョンやモンゴルの軛という言葉がやたらに印象に残ったことを思い出しました。

私の金星ネイディアがコートジアボールにありましたが、以前住んでいた☆☆☆のある国以上に西アフリカは未知の土地です。

ヨーロッパにはさほどラインが通っていなかったので、アストロマップ的にはあまり縁がないのかと思っていたのですが、西ヨーロッパが超越エリアだったのですね。ローマは何度行っても飽きない大好きな街ですし、スペインは第2外国語に選択するくらい思い入れがありました。若い頃はこの辺りの伝統音楽を聴くと魂が震えるような心地がしたものです。アイルランド、イギリス・コーンウォール地方、ブルターニュ地方にかけて金星ラインが通っていますが、この辺りのケルトゆかりの地もいつか訪れてみたいと願っている地域です。
アイルランドは4年程前に、既に3回訪れたことのあるアイルランド大好きな夫が連れて行ってくれて、彼の思惑通りとても気に入ってしまいました。

中米のグァテマラが金星アセンダントラインと木星ディセンダントラインに挟まれていましたが、20代前半の頃、グァテマラの民族衣装を纏う機会があり、周囲の人たちに褒められて喜んでいたものです(笑)

ニュージーランドは昨年末にヴァカンスで訪れたのですが、ここも私にとってはいいエリアだったのですね。●●●に住むことがなければ、おそらく足を向けることはなかったと思います。実際に訪れてミルフォードサウンドやアオラキの自然美に圧倒されたのですが…。

Astrodienst でアイスランドや北米にラインが混線しているのを見たときには、「私ってヴァイキングかインディアンだったのかしら?」と妄想しましたが、この2つのエリアが私にとってエネルギーが強いとは驚きでした。

インド西部〜パキスタンは葛藤エリアなのですね。☆☆☆に住んでいた時に、「この次はエローラ&アジャンタ石窟寺院へ行こう」と計画を立て始めたら本帰国が決まっていけませんでした。●●●からも行こうと思えば、日本からよりはるかに行きやすいのですが、下手にインドを旅行したら、●●●からスライドでムンバイ赴任になりそうなので思いとどまってます。●●●に来る前なら、「ムンバイでもないウェルカム」だったのですが、すっかり考えが変わってしまいました(笑)

長々と書き列ねましたが、鑑定結果を受けた私の感想は上記の通りとなります。
今回お世話になったこと、改めてお礼申し上げます。
ありがとうございました。

(海外在住・H.N様・40代女性)

ABOUT ME
アバター
高橋ともえ
1981年生まれ。慶應義塾大学ドイツ文学専攻修士課程修了。ドイツ語・英語の通訳・翻訳、メディア運営。訳書に、『ヒーリングエンジェルシンボル』(ヴィジョナリーカンパニー)、『四気質の治療学』(フレグランスジャーナル)がある。詳しいプロフィールはこちらから。
パクスルーナからのお知らせ

鑑定・最新のセミナー情報について

アストロマップ鑑定のご案内(3/24 モニター期間を経て拡大・バージョンアップした鑑定を募集再開しています)

アストロマップ鑑定

最新のセミナー情報はこちらからお知らせしています。(お申込にはメルマガへの登録が必要です)

最新のセミナー情報

無料メルマガ「パクスルーナ通信」のお知らせ

無料メルマガ「パクスルーナ通信」では、主にジェフ・グリーンの進化占星術や秘教占星術、ヘリオセントリック占星術など現代西洋占星術の知見を中心に、東西神秘学の情報に基づく折々の重要な星の配置や気付きのメモを毎月3~4回ベースで発信しています。

※定期便のサンプルはこちらからご覧いただけます。
講座やお茶会、ワークショップやセミナーはメルマガにて募集いたします。

注意:イニシャルのみや「あいうえお」等明らかに名前ではないご登録はご遠慮いただいております。ご登録いただいても削除いたしますのでご了承ください。本名またはビジネスネーム等でご登録ください。

★2019年1月7日現在、メルマガ登録フォームに異常があり、通常のフォームからは登録できない状況が続いています。1週間以上前に登録してまだ1通もメルマガが来ていない方は、お手数をおかけしますが暫定登録フォームよりご登録をお願いします(※下記ボタンより入れる外部サイトに暫定登録フォームのURLを記載しています)。

パクスルーナ無料メルマガ登録はこちらから

関連記事