お知らせ・自己紹介・つぶやき

[つぶやき]浮いてる天体には浮いている意味がある、そしてそれを活性化させられるアストロマップのすごさ

アストロマップ講座の鑑定がノリノリで楽しく、正直、ずっとやっていたいと思えるくらいです・・・(*´Д`)

久々にいろいろな方のホロスコープを見させていただいて思うことがあります。

浮いている天体には浮いている意味があるんだな、と。

アスペクトの鎖の中に入っていない天体や、アングルとアスペクトしていない天体って、
なかなか活性化しづらいですよね。自分自身の意識の中にも入ってきにくいことが多いです。

※ちなみに、ここで浮いている天体とは、アスペクトが少ない天体のことですが、
 機械的な計算でこれが大切と判断するのはなく、
 他の天体との絡みなど一つ一つのマップを見て重要なエリアを探していきます。

昔私は、こういう浮いている天体については、
「あー、この天体があと3度くらいずれていたら他の星とアスペクト取るのになあ」って嘆いていました。

使えてない感のある天体、チャート全体のダイナミクスから浮き上がっているように思える天体って、
取り扱いが難しいなと思っていたのですよね。

で、アスペクトが多い天体の方が、才能とかに直結しているのかなあと思っていまして、
そちらを才能だし資質だと思っていたのですが。

ここ最近研究し、アストロマップ講座でお伝えするフォーミュラで読んでいくと、
むしろそういう、日常生活で使い倒されていない浮いた天体の活性化スイッチを押すことができて、
すごく面白い展開(必ずしも単純な吉凶論ではなく)につながっていくということが分かったので、

むしろそういう天体が自分のチャート内に存在していることが嬉しい!
と思えるようになりました。

なので、ノーアスペクト天体とかを持て余している天体がある人は、是非このアストロマップの見方をして
活性化してほしいなあと思う。

鑑定していると、地球のいろいろな場所に、バーチャルトリップしている感じです。
人によっては、その土地の歴史と天体のテーマがシンクロしていることもあり、
そうした物語に魅せられています。

アストロマップの講座は、子どもも小さいので京都の2月10日以降は開催未定ですが、
鑑定は2月からリリースしようと思ったのは、
今の時代だからこそできる天体の活性法だし、
私のように、悩んでいる人には、新しい視点を持って自分の星を愛でてほしいなと思ったからなんですね。

気になる方は、メルマガ等フォローしておいてくださいね。

ABOUT ME
高橋ともえ
1981年生まれ。慶應義塾大学ドイツ文学専攻修士課程修了。ドイツ語・英語の通訳・翻訳、メディア運営。訳書に、『ヒーリングエンジェルシンボル』(ヴィジョナリーカンパニー)、『四気質の治療学』(フレグランスジャーナル)がある。詳しいプロフィールはこちらから。
パクスルーナからのお知らせ

鑑定・最新のセミナー情報について

現在、アストロマップ鑑定のモニターを募集しています。(2/18一定数に達しましたのでいったん募集停止しています)

アストロマップ鑑定

最新のセミナー情報はこちらからお知らせしています。(お申込にはメルマガへの登録が必要です)

最新のセミナー情報

無料メルマガ「パクスルーナ通信」のお知らせ

無料メルマガ「パクスルーナ通信」では、主にジェフ・グリーンの進化占星術や秘教占星術、ヘリオセントリック占星術など現代西洋占星術の知見を中心に、東西神秘学の情報に基づく折々の重要な星の配置や気付きのメモを毎月3~4回ベースで発信しています。

※定期便のサンプルはこちらからご覧いただけます。
講座やお茶会、ワークショップやセミナーはメルマガにて募集いたします。

注意:イニシャルのみや「あいうえお」等明らかに名前ではないご登録はご遠慮いただいております。ご登録いただいても削除いたしますのでご了承ください。本名またはビジネスネーム等でご登録ください。

★2019年1月7日現在、メルマガ登録フォームに異常があり、通常のフォームからは登録できない状況が続いています。1週間以上前に登録してまだ1通もメルマガが来ていない方は、お手数をおかけしますが暫定登録フォームよりご登録をお願いします(※下記ボタンより入れる外部サイトに暫定登録フォームのURLを記載しています)。

パクスルーナ無料メルマガ登録はこちらから

関連記事