[高次元]大天使ラファエル&かかとから生まれ変わるためのアーシング

高橋ともえ

少しずつ暑さが和らいできたので、自宅の前栽の苔の上で時々アーシングしていますw というのが、先日大天使ラファエルとつながって、自分の身体の悪いところや癒しが必要なところがあるかを聞いたところ、「かかと」を緑のあるところでアーシングしてって言われたから・・・。

※こちらのカードは、Archangel Fire Oracleの中のもの。

created by Rinker
Findhorn Press
¥3,759 (2024/05/23 01:03:46時点 Amazon調べ-詳細)

大天使ラファエル曰く、「かかと」は、人間の身体の部位の中でも地上に生まれるときにとても重要な場所なのだそうです。

人の足の動きは、地上の生活の霊的な側面を明らかにしています。

舞踏(ダンス)は、足を上げて再び地上に下ろすことを最も基本的な形としています。

そしてそれは、人が天上から受肉し、地上で生きて、離肉していくという人生のプロセスそのものを象徴しています。

だからこそ、今この地上で生まれ直したい、生まれ変わりたいと思う人は、かかとをアーシングし直す必要があります。

できたら苔の生えている場所で、かかとを上げて下ろす動作を何回か行ってください。

あなたと地球とのコネクションを強化し作り変えることができます。

なんで苔なのか?と聞いたところ、苔って、植物の中でも原始的な古い生命で、地球のより古い記憶と関わっているかららしいです(特に私の場合は、地球の古い時代に傷を持っているのでそういう指示があったみたい)。

君が代の中にも出てくるし、結構意味深な植物ですね、苔・・・。

※地球の古い時代の傷についてはこの辺りで語ってます~

[高次元]ミンタカの記憶その1~原初の地球の透き通ったアクアマリンの海先日8月22日、水瓶座29度で起きた水瓶座満月で何かのトリガが入ったのか? 天使や女神のつながりや、ここ最近私の宇宙時代の記憶がどんどん...

あと、かかとって失眠というツボがありますので、不眠傾向の人は是非、苔の上でアーシングしてみてw

アーシングの効果として不眠の改善がよく言われますが、眠るという行為はかなりスピリチュアルな行為で、寝ているときに見えない体が物理的な体から離れていくことなのだそうです。実は不眠傾向の人は、物理的な身体に対しての信頼感が薄くなっていることが多いので、まずはしっかりアーシングすることで、安心して物理的な身体をアンカーにして見えない身体が見えない次元に出ていくことを許可できるようになるみたい。

ベストは、岩に生えた苔の上で足をパタパタするか、木に触りながらアーシングすることらしいですが、我が家には苔の生えた石はなかったので、かわりに若い榊の木のそばでアーシングしてみました。

竹生島弁才天の祠のそばでは、かえるさんがおねんねしてました。※ミンタカ星人って人魚というかかえるというか、一種の両生類っぽい姿をしているらしいですよ・・・(笑)

月に4回程度配信中・最新情報はメルマガから
Zoomセッション&メール鑑定 全国海外どこからでも受けられます

個人セッション・コース・メール鑑定

リリースしたらご案内を差し上げます

今後リリース予定のオンライン講座

ABOUT ME
高橋ともえ
高橋ともえ
星読み風水師
1981年生まれ。 魂の可能性を緻密に描き出すドイツ系西洋占星術と陰陽五行説に基づく日本の卍易風水を組み合わせて「魂の高揚感を地に足をつけて楽に生きる」お手伝いを講座やセッションを通して提供しています。 訳書に、『ヒーリングエンジェルシンボル』(ヴィジョナリーカンパニー)、『四気質の治療学』(フレグランスジャーナル)がある。詳しいプロフィールはこちらから。
関連記事
こちらの記事もどうぞ
記事URLをコピーしました