高次元のメッセージ

ヤドリギの不思議~進化から遅れたものが別の形で役立つという可能性。

キロン講座の準備の過程で、ヤドリギのことをもう一度調べています。ヤドリギって、シュタイナーが癌治療に効くという示唆を与えたことから、人智学系のお医者さんの間で研究や製薬開発がなされてきた不思議な植物です。

ちなみに実は私・・・ヤドリギには今回の人生では何回も向こうからご縁があり、その度に「またかよ!」って思って深入りしてこなかったのです(笑)まー、前世?ではどうもヤドリギに関わっていたようで、うんざりしているみたいでしたw

・・・ただ、今回改めてヤドリギについて調べることは彗星の可能性を探るうえでとても重要でした。

というのが、ヤドリギって、実は正当な進化から遅れた存在なのですよ。シュタイナーの言葉で言うと、未だに月紀の在り方を示している植物がヤドリギなのです。

ヤドリギってその名の通り、宿り主にあたる木に寄生する不思議な植物です。
普通の植物は、鉱物界(土)に宿るのですが、ヤドリギは植物に寄生します。

実は、現在私たちが生きている地球紀では、人間界、動物界、植物界、鉱物界の4種類の自然領域がありますが、月紀の世界には、人間的な動物、動物的な植物、植物的な鉱物の3種類しかなかったのだそうです。

で、ヤドリギはこの古い月紀の「動物的な植物」という側面を残しており、そのため無機物である土に自生することができず、生きているもの、つまり他の植物に寄生するのですね。

一見ヤドリギって「けしからん存在」のように思えますよね? 進化から遅れ、他の植物に寄生するなんてひどい!って(笑)

でも、こういう進化から遅れた存在、古い段階の様相を呈している存在にもまた、深遠な役割があるのです。(こういうところがシュタイナーの理論の面白いところですよね。存在しているすべてに役割があるという。)

・・・冒頭にも記載しましたが、ヤドリギは癌治療に使われています。発端はシュタイナーですが、今や人智学系のお医者さんだけではなく、一般の代替療法の1つとして特にヨーロッパではかなり普及しています。

そう、ヤドリギは癌を癒すというのです。

ここで、ヤドリギがどうやって癌を癒すのかという仕組みを見てみると面白いことが分かります。

ヤドリギというのは、地球紀特有の重力に逆らい、「自己中心的に」球形に成長します。ヤドリギは生命力にあふれており、その姿はまるで癌腫瘍の形に似ています。ヤドリギは、自分が寄生する宿り主である木を弱らせ、その力を根こそぎ吸い上げることすらあります。

このようなヤドリギの在り方はまさに癌細胞とイコールですよね。

同じものが同じものを癒す、というホメオパシー的な法則を使えば、癌細胞がヤドリギによって癒えていくのは納得できます。

※シュタイナーが当初、ヤドリギを癌治療にと示唆したとき、ヤドリギの物質的な成分ではなく、ホメオパシー的な手法(ポテンタイズ)を使って処方するようにと伝えたそうです。ただ現在では、こうしたホメオパシー的な手法だけではなく、ヤドリギから抽出されたエキスそのものにも薬効が認められているらしいです。

ヤドリギを処方することで何が起きるかというと、2つのことが起きてきます。

1つ目は、健康な周辺細胞を傷つけずに腫瘍を形成している癌細胞だけを破壊します。
そして2つ目は、人間の免疫システムを強める細胞の成長を促進するのです。

さらに、心理的な面でも、癌患者が自らの人生を内省的に振り返り、自分の人生で欠けていたものや過剰だったものに気づいて生き方を改めるということも報告されています。

なぜ、ヤドリギがこういう効果をもたらすのか・・・。極めて不思議ですよね。

そしてね。

彗星という月紀に由来するものを内包している存在もまた、ヤドリギと同じような作用をもたらすのではないかと思います。

つまり、彗星がやってくることによって(彗星からシアンの毒を受け取ることによって)、ある種の危機的な状況を体験することで、変えるべき部分を自覚しそれを改める(癌細胞を破壊する)。そして、こうした危機的な状況に対抗するための対策を講じる(免疫力を上げる)。
そして、この一連の流れの中で、より深い認識に導かれ、人類が成長していく(自由を得る)。

大切なのは、癌を癒してくれる救世主であるかのようにヤドリギを崇拝したり、あるいは逆にヤドリギは本来の進化から遅れた悪い存在だと断罪すするのではなく、ヤドリギがまさに進化から遅れた存在であるということによって、かえって今の時代にはびこっている癌という病を癒すきっかけを作っている、という深遠な叡智を認識することなのではないかと思います。

これは、彗星=キロンを理解する上でもとても大切な視点であるように思います。

・・・とここで、私自身がキロン講座を今年中にリリースしようと思うようになった直接のきっかけを与えてくれた人物、マリー・シュタイナーのホロスコープの話をしたいと思います。別記事で語りますね。

★2022年11月24日キロン講座リリースしました! お申し込みは下記ページよりお願いします。

あわせて読みたい
小惑星講座PARTII キロンとケンタウルス族天体(フォルス、ネッソス、カリクロー) ★講座のお申込開始しました!2022/11/24~★ 彗星は、宇宙の自由の英雄である。彗星がなければ、世界に自由はない...
ABOUT ME
高橋ともえ
1981年生まれ。訳書に、『ヒーリングエンジェルシンボル』(ヴィジョナリーカンパニー)、『四気質の治療学』(フレグランスジャーナル)がある。詳しいプロフィールはこちらから。
パクスルーナからのお知らせ

当サイトの内容、テキスト、画像等は著作権法で守られています。無断転載・無断使用を固く禁じます。また、まとめサイト等への引用を厳禁いたします。

鑑定・講座・セミナー情報について

現在提供中のセミナー・鑑定・講座の一覧はこちらにまとめています。

個人セッション(ZOOM)のお申込

PAXLUNA 高橋ともえ 最新のセミナー・講座・鑑定一覧

最新の情報はこちらからお知らせしています。(セミナー等のお申込にはメルマガへの登録が必要です)

最新のセミナー情報

無料メルマガ「パクスルーナ通信」のお知らせ

docomo、softbankなどのメールアドレスでは正しく登録されないようです。お手数ですが受信設定を変更いただくか(こちらをご参照ください)、gmailなど別のメールアドレスでご登録ください。

無料メルマガ「パクスルーナ通信」では、進化占星術、秘教占星術、人智学系の占星術、ヘリオセントリック占星術など現代西洋占星術の知見を中心に、東西神秘学の情報に基づく折々の重要な星の配置や気付きのメモを不定期に(毎月3~4回ベース)で発信しています。

※定期便のサンプルはこちらからご覧いただけます。
講座やお茶会、ワークショップやセミナーはメルマガにて募集いたします。

営業日やシェア会等の日程一覧はこちらのカレンダーに掲載しています。

PAXLUNAカレンダー

注意:イニシャルのみや「あいうえお」等明らかに名前ではないご登録はご遠慮いただいております。ご登録いただいても削除いたしますのでご了承ください。本名またはビジネスネーム等でご登録ください。

★1週間以上前に登録してまだ1通もメルマガが来ていない方は、お手数をおかけしますが暫定登録フォームよりご登録をお願いします(※下記ボタンより入れる外部サイトに暫定登録フォームのURLを記載しています)。ただし、docomoやsoftbank等のメールアドレスの方は、受信設定でメールを受信できないようになっているケースが多いのでご確認いただけますようお願いします。

パクスルーナ無料メルマガ登録はこちらから

Paypal.meにてドネーションを受け付けています。

Paypal.meでPAXLUNAにドネーションをする

関連記事