占星術コラム

2020年の占星術天体逆行一覧~水星・木星・土星・天王星・海王星・冥王星・キロン

2020年1月から12月までの占星術の天体の逆行カレンダー一覧です。今年は、水星、木星、土星、天王星、海王星、冥王星、キロン(キローン、カイローン)が逆行します。各天体の逆行開始・逆行終了の日時は日本時間(東京)での計算になります。

2020年の占星術の天体逆行一覧(カレンダー)

2020年の各天体の逆行スケジュール

2020年の水星の逆行スケジュール

  1. 2020年2月17日~3月10日
あわせて読みたい
2020年2月・3月水星逆行の注意点・注目の日・占星術的な意味・解釈2020年2月/3月(2月17日~3月10日)、水星が魚座と水瓶座で逆行します。この逆行は2020年1回目の水星逆行です。この記事では、...

2020年の金星の逆行スケジュール

2020年の火星の逆行スケジュール

2020年の木星の逆行スケジュール

2020年の土星の逆行スケジュール

2020年のキロンの逆行スケジュール

2020年の天王星の逆行スケジュール

2020年の海王星の逆行スケジュール

2020年の冥王星の逆行スケジュール

ジオセントリック天体の逆行とヘリオセントリックの会合周期の関係性

ジオセントリック天体が逆行する間、必ずヘリオセントリックでみたときに地球とその天体の会合(地球暦の結び)が起こります。

逆行期間中のヘリオセントリック会合は「種まき・意図設定」の時期。それがジオセントリック衝(地球暦の開き)は「開花・収穫」の時期にあたります。逆行期間中のヘリオセントリック会合と次のヘリオセントリック衝の時期は、いわば新月と満月のような関係性となります。

逆行=悪いことが起きやすいからなんとかやり過ごす時期、ではなく、ヘリオセントリック(太陽意志)を遂行するための太陽系天体の変容と調整の時期だと考えられます。

当サイトでは、逆行期間中のヘリオセントリック会合時のジオセントリックのサビアンシンボルと、その次のヘリオセントリック衝の時のジオセントリックのサビアンシンボルを読むことで、ヘリオセントリックの会合周期を地上で受け取り活かすヒントを発信しています。

ABOUT ME
アバター
高橋ともえ
1981年生まれ。訳書に、『ヒーリングエンジェルシンボル』(ヴィジョナリーカンパニー)、『四気質の治療学』(フレグランスジャーナル)がある。詳しいプロフィールはこちらから。
パクスルーナからのお知らせ

鑑定・最新のセミナー情報について

アストロマップ鑑定のご案内(3/24 モニター期間を経て拡大・バージョンアップした鑑定を募集再開しています)

アストロマップ鑑定

最新のセミナー情報はこちらからお知らせしています。(お申込にはメルマガへの登録が必要です)

最新のセミナー情報

無料メルマガ「パクスルーナ通信」のお知らせ

無料メルマガ「パクスルーナ通信」では、進化占星術や秘教占星術、ヘリオセントリック占星術など現代西洋占星術の知見を中心に、東西神秘学の情報に基づく折々の重要な星の配置や気付きのメモを毎月3~4回ベースで発信しています。

※定期便のサンプルはこちらからご覧いただけます。
講座やお茶会、ワークショップやセミナーはメルマガにて募集いたします。

注意:イニシャルのみや「あいうえお」等明らかに名前ではないご登録はご遠慮いただいております。ご登録いただいても削除いたしますのでご了承ください。本名またはビジネスネーム等でご登録ください。

★2019年1月7日現在、メルマガ登録フォームに異常があり、通常のフォームからは登録できない状況が続いています。1週間以上前に登録してまだ1通もメルマガが来ていない方は、お手数をおかけしますが暫定登録フォームよりご登録をお願いします(※下記ボタンより入れる外部サイトに暫定登録フォームのURLを記載しています)。

パクスルーナ無料メルマガ登録はこちらから

関連記事