占星術コラム

キロン(カイロン、キローン)の12星座(サイン)別の出生図やトランジットの意味・解釈~牡羊座、牡牛座、双子座、蟹座、獅子座、乙女座

キロン(カイロン、キローン)の12星座(サイン)別の意味・解釈を牡羊座、牡牛座、双子座、蟹座、獅子座、乙女座に関して掲載していきます。

※キロン(カイロン、キローン)の「本当の傷」やアーキタイプ・神話的背景を進化占星術等の現代占星術の考えから探った記事はこちらです。

※キロン(カイロン、キローン)が天秤座、蠍座、射手座、山羊座、水瓶座、魚座に入った場合の意味・解釈については別記事にて説明しています。

牡羊座のキロンの意味・解釈

キロン牡羊座

牡羊座にキロンが入ると、アイデンティティに対する問い(私とは何者か?、なぜ私はここにいるのか?)が前面に出てきます。このような問に対して答えが得られないことに対してキロン牡羊座の人は不安に思うようになります。

しかし、牡羊座にキロンが入ると、支配星の火星の影響を受けて戦士のアーキタイプが強くなるので、時間の経過とともにこの答えを(自ら探求して)得ることができるでしょう。

前回キロンが牡羊座に滞在していた1918-1926年と、1968-1977年という時代は、一般的に精神性が高まりパイオニア気質が強く感じられる時代でした。

この世代の人達の両親は、激動の20年代と70年代のヒッピーのミージェネレーション(私にフォーカスした人々の世代)をそれぞれ生きており、この両親の精神性を受け継いだ牡羊座キロン世代もまた、自分への探求に余念がありません。

キロンが牡羊座の人は、勇気ある人々であると言えます。そのため、土星的な制限を打ち破って、天王星の波動に同調して行動する人が多いです。出生図でその他の要素がない限り、キロンの持つ神秘主義者としての側面は、キロンが牡羊座の人にはあまり感じられません。キロンが牡羊座に入ると、戦士としてのアーキタイプが最も強くなるのです。

戦士気質のキロン牡羊座の人は、規律(自律性)を学ぶことがおすすめです。これによって、キロンを活性化してその潜在能力を活かすことができます。カール・ユング、アレイスター・クロウリー、カルロス・カスタネダはキロンが牡羊座にある世代でした。

キロン牡羊座の人は、極めて活動的になるまではフラストレーションを抱えます。牡羊座のキロンが滞在しているハウス位置を分析することで、このフラストレーションを抱えやすいジャンル・分野を知ることができます。この分野に関して、キロン牡羊座の人は制限を打ち破ろう(そしてパイオニアになろう)という強い衝動をもって生まれてきています。

牡羊座にキロンが滞在する期間

  • 1918年4月1日~1918年10月22日
  • 1919年1月29日~1926年5月24日
  • 1926年10月21日~1927年3月25日
  • 1968年4月1日~1968年10月18日
  • 1969年1月31日~1976年5月28日
  • 1976年10月14日~1977年3月28日
  • 2018年4月17日~2018年9月24日
  • 2019年2月18日~2026年1月18日
  • 2026年9月17日~2027年4月13日






牡牛座のキロンの意味・解釈

キロン牡牛座

牡牛座にキロンが入ると、物質世界における価値の探求が前面に出てきます。牡牛座キロンを持つ人は、物質に関する問いを決定的なレベルまで突き詰めます。何が良くて悪いのか、何が永続するもので何が永続しないのか、といった問いが生存を揺るがすレベルにまで重要になります。

牡牛座にキロンを持つ人は、現実世界になにか新しいものを生み出すというよりは、自分が信じる人々から受け付いたものを物質的に体現する存在です。牡牛座キロンの人は、すでに存在しているものの中で自分たちが価値を見出したものを保存し維持しようとします。

牡牛座キロンのハウス位置は、これらの人々が興味をもっている価値の性質を示します。キロン牡牛座の時代は、価値の探求を特徴とします。キロン牡牛座の人の両親は、大恐慌時代を生き延びており、この両親たちの懸念に対して生まれながらに反応します。牡牛座キロン世代は、乏しい経済的なリソースでもなんとかやっていくように適応しようとします。

牡牛座にキロンがある人は、自分たちが価値があると思っている道徳観に強く影響を受けます。牡牛座キロンの人は、この道徳観に嵌まるあまり、創造性を排除してしまっていないかどうかをチェックする必要があります。自由意志と正義のために行動する能力は、創造性なくしてはブロックされてしまいます。もちろん、この道徳観は積極的に活用できれば価値あるものですが、そうでなければキロン的なパワーをブロックするものになってしまいます。牡牛座キロンのハウス位置は、これを読み解くための手がかりを与えます。

まず、ハウス位置を検証して、そのハウスの価値観が自分の人生にとって積極的に活かされているかどうかをチェックします。たとえば、キロン牡牛座10ハウスの人に対しては、外界に対して力(権力)を持ち、活動的に生きるということに価値観を置いているはずです。たとえば、牡牛座キロンを1ハウスに持つR.D.Laingは、スキゾフレニアの人々のエゴ(自我)構造の研究者という人生を送りました。

牡牛座キロン世代の人は、金星が支配する牡牛座からの強い影響を受けているのでクンダリーニエネルギーに対して反応しやすくなるため、奇妙な性癖(性的な習慣)をもっていることがあります。キロンが10ハウスにある3人の修道女は、牡牛座にキロンがありました。これらの修道女たちは、牡牛座キロンの(性的な)パワーを宗教世界でのキャリアとして変容させることができた事例といえます。他には、カトリックとネイティブアメリカンのリチュアルの間を架橋すべく活動しているキリスト教司祭も牡牛座キロンを10ハウスにもっていました。

ある出版業界人は、キロン牡牛座が3ハウスのコミュニケーションのハウスにありました。大地信仰とペイガン(異教)信仰に関する価値を再創造する素晴らしいリーダーでした。この出版業界人は、多くの人々がエネルギーを失っていた大恐慌時代に生まれ育ちました。大地信仰とペイガン信仰は、パワフルなクンダリーニの流れを重視します。

牡牛座キロンが与えてくれる素晴らしいギフトを認識し強化することが大切です。キロン牡牛座世代は、文化を与えようとします。牡牛座キロン世代は、素晴らしい貢献者であるにもかかわらず、自分自身で何かを生み出し自分という存在を刻印付けることができていないということに対して罪悪感を感じることがあります。しかし、キロン牡牛座世代は、価値観の保持者(維持者)であり、出生図に特に他の要素がない限りは創造者ではありません。

キロンという天体が発見されたときのチャートでは、キロンは牡牛座に滞在していました。キロンが牡牛座に滞在する時代は、春分点が牡牛座に滞在していた時代(紀元前2200-4400年)の女神の時代のヒーリングメソッドや価値観が再び復活する時代でもあります。

牡牛座にキロンが滞在する期間

  • 1926年5月25日~1926年10月20日
  • 1927年3月26日~1933年6月6日
  • 1933年12月12日~1934年3月23日
  • 1976年5月29日~1976年10月13日
  • 1977年3月29日~1983年6月19日
  • 1983年11月30日~1984年4月11日






双子座のキロンの意味・解釈

キロン双子座

キロンが双子座に入ると、地球上で生きるということに関する危機が高まり、均衡(バランス)感覚と神経系に影響が出てきます。キロンふたご座の人は。自分の身の回りにいる人々の意識に波長が合いやすい傾向があります。1933年~1938年生まれのキロン双子座世代は、冥王星の発見の影響を受けたナチスと原爆実験の時代に生まれました。これらの人々には、ここ(この場所)で新しい認識と統合の方法を見つけなければならないという危機意識が強くなりました。

この世代のキロン双子座生まれの人は、自分たちの両親世代が苦しんできた危機に関して理解し話し合うという個人のツールを自分たちがもっているということに目覚め意識しました。これは、人類にとってとても重要なことでした。

したがって、キロン双子座生まれの人は、生まれながらに教師であり情報伝達者であるということを自覚する必要があります。

キロン双子座生まれに人の最も重要なミッションは、わたしたちの思考が生み出す現実に対して効果的な変化をもたらすための思考法を理解することです。したがって、双子座キロンの人は、私達が思考することが私達の現実を作り出しているということを学ぶことになります(思考は現実化する)。キロン双子座生まれの人は、これを実際に体験すると思考は現実化するということを信じるようになります。そして、キロン双子座生まれの人がキロンリターンを迎えるときに、自分がどのように思考したのか?という結果を受け取ることになるでしょう。

一般的に言って、キロン双子座生まれは、いわゆる集合(大衆)意識に即した行動を取ることができ、集合(大衆)意識に波長を合わせた上で自分たちが行おうとしている変化を意図的に起こすことができます。

キロン双子座生まれの人にはボディ・マインドに関する最新分野の研究を行っているセラピストがいますが、これらのセラピストは、電気エネルギーが身体の中を流れるところを感じることができます。

キロン双子座生まれは、土星と天王星を架橋するキロンの性質のうち、天王星のエネルギーのマスターは簡単です。なぜなら、双子座の支配星は水星であり、水星は天王星のローアーオクターブ(天王星は水星のハイアーオクターブ)だからです。そのため、キロン双子座生まれにとっては、キロンのパワーを使いこなすには土星に対する理解とマスターが重要です。

双子座にキロンが滞在する期間

  • 1933年6月7日~1933年12月22日
  • 1934年3月24日~1937年8月28日
  • 1937年11月24日~1938年5月28日
  • 1983年6月20日~1983年11月29日
  • 1984年4月12日~1988年6月21日






蟹座のキロンの意味・解釈

キロン蟹座

キロンが蟹座に入ると、文化的なルーツおよび/または個人の保護に関して危機感を感じることが多くなります。キロン蟹座生まれの人は、安全だという感覚や、自分個人または文化がこの地球という星で安全であるという感覚に対する意識が強いです。

キロン蟹座生まれの場合、キロンのアーキタイプに見られるエコロジカルな側面(※キロンは自然の中で育ち自然の中で暮らしていました)が、個人の危機感よりも強く前面に出ることが多いようです。このことに関してはあまり指摘されていませんが、キロンが蟹座に滞在するというのはとても困難な配置です。なぜなら、キロン蟹座生まれは「過去」に結びついており、現在の地球の危機的状況に非常に恐怖を感じるからです。

キロン蟹座生まれは、第二次世界大戦の間に生まれました。彼らの両親は生存の恐怖を強く抱えており、これによって蟹座特有に安全安心を求める質に対してジレンマを生み出しました。この時代に生まれたキロン蟹座生まれの多くは、天王星が牡牛座にある世代でもあり、中には土星も牡牛座にある人たちも含まれます。彼らは、非常に深いショックを受け、蟹座のパワーから大地の癒やしを求めました。このことが、第二次世界大戦の間に生まれたキロン蟹座世代がキロンリターンを迎えた1988年~1991年に見られることでした。第二次世界大戦中に生まれたキロン蟹座世代は、安心感が損なわれているという感覚を非常に強く感じています。

この地球に関する重要な癒やしのサイクルは、キロンが初めて発見された1977年~2028年までの最初のサイクルの間にならなければ改善しないでしょう。これはちょうど、冥王星が初めて発見された1930年~2170年までのサイクルが非常にパワフルであるのと同様です。

キロン蟹座生まれにとって、土星のコントロールを打ち破り、天王星的な電気エネルギーを解き放つということはとてもむずかしい葛藤です。キロン蟹座生まれは、土星から生じた影響であっても天王星の作用が働いて形成されたものだということを理解する必要があります。なぜなら、私達が思考するものが現実になるからです。キロン蟹座生まれ以外の人は、このことを理解するのはたやすいのですが。

しかし、いったんキロン蟹座生まれの人が自分自身が現実化させる者であるというパワーに気づいたら、彼らは地球の真の安全安心を顕現させるべく前線に立って戦うでしょう。キロン蟹座生まれの人は、本当に安心できる手段をなんとかして探すか、あるいは、自分の周りに殻を造って隠れてしまおうとするかどちらかになります。

キロン蟹座生まれのある未来主義のエコロジスト作家は、地球が生きていて、銀河のサイクルに関係しているという感覚を持っていました。しかし、自由意志(天王星)に至るまでのブレイクスルーの葛藤のさなかにアルコール中毒になってしまいました。キロン蟹座生まれの人の中には、土星的なコントロールを手っ取り早く外してくれる手段としてアルコールに溺れる人もいます。

本来キロン蟹座生まれの人は、地球を錬金術化する戦いのリーダーになるべく生まれついています。

蟹座のキロンが滞在するハウス位置は、その人が安全が損なわれているという危機意識を抱くジャンル・分野を教えます。キロンが滞在するハウス位置は、その人が土星的なコントロールからの解放を求めているジャンル・分野を示します。キロン蟹座が12ハウスにある人は、生と死の葛藤に関するオカルト主義に興味を持っていました。キロン蟹座が12ハウスにあるヒーラーは、中毒症状に対するドルフィンツアーというエコロジカルな手段での癒やしを提供していました。

キロンが蟹座に滞在する期間

  • 1937年8月29日~1937年11月23日
  • 1938年5月29日~1940年9月20日
  • 1940年1月1日~1941年6月17日
  • 1988年6月22日~1991年7月21日






獅子座のキロンの意味・解釈

キロン獅子座

キロン獅子座生まれの人は、エゴに関する大きな危機意識を持ち、意志に関する力をマスターすることを学ぶと洗練されていきます。獅子座/水瓶座軸は、意志に関する対極的な質を表現しています。

キロンの課題は、土星的な形を打ち破ることで天王星的な次元に移行することですが、キロン獅子座生まれは、より高次の意志を体現するために生死の葛藤を体験します。高次の意志とは高次のセルフ(ハイヤーセルフ)と親和性を持ちます。高次のセルフは、私達の魂のかたちであり、転生から転生を経ても変わらず作用する本質です。高次の意志は、高次のセルフに同調することを選択する力です。つまり、あらゆる転生の中で常に高次のセルフに同調して生きるということを選択する力です。

高次のセルフは、第5ハウス的な危機意識が解決されない限り顕現しません。第5ハウスは、エンパワメントと自ら輝くことを司ります。このパワーは、クリエイティビティーからやってきます。つまり、宇宙を共同創造する力です。獅子座のキロンは、身体の中に生きる王のような人物や魂を活性化します。

獅子座キロン生まれは、初期段階ではエゴにまとわりつく自分はなにか特別な存在なのだという感覚を持っています。キロンが獅子座にある人の多くは、エゴを打ち破ることは自分を小さくして、自分自身よりも大きな目的に一体化するということなので、自分自身に対して適切な配慮が大切になります。

獅子座キロン生まれの人は、エゴそのものにならなければなりません。つまり、キロン獅子座生まれの人の死に対する戦いとは、生存したいと欲するエゴがトリガを引いているのです。キロン獅子座生まれは、十分に成長して天王星エネルギーを扱えるようになってからでないと自分のエゴを手放すことができないのです。つまり、キロン獅子座生まれは、自分がしっかり成熟していないと天王星パワーに圧倒されてしまいます。そのため、キロン獅子座生まれの場合、エゴは比較的長く手放せないままでいますが、あるとき(ウラヌスリターンを経験すると)突然消え去ります。

エゴを手放せない状態でいる獅子座キロン生まれの人は、とても絶望していて疲れ果てているように思えます。そして、多くの注目や関心を集める活動に躍起になります。

一般的に言って、獅子座キロン生まれの人は、ネイタル(出生図)のキロンに対してトランジットのキロンがオポジションのいちに来るときまではエゴを手放せないことが多いようです。そして、獅子座キロン生まれの人は、概して困難なサターンリターンを経験します。なぜなら、キロン獅子座生まれにとってエゴの構造はとても大きくて力を持っているからです。しかし、これらのイベントを通過したあとは、天王星的な生き方に移行していきます。

キロン獅子座生まれの人が、クリエイティビティを通じていったんエゴを手放して解放する準備ができると、高次の意志または天王星の波動に融合します。目的と自分を一体化することは、キロン獅子座生まれの人にとってはとてもサポートになります。自分の才能と自分を一体化することがキロン獅子座生まれには大切なのです。

キロン獅子座生まれに人に対しては心配は無用で、ときが来れば必ず移行が起きます。グラウンディングしてリラックスすることが大切です。キロン獅子座生まれの人は、クリエイティブな活動から恩恵を受け取ります。この生まれの人は、偉大な画家と同じ様に美しい庭を作り出したり家族を作り出します。

1941年~1943年の獅子座キロン生まれの人は、1981年~1984年にウラヌスリターンを体験します。そして、その時自分の才能を本当に生きることができるようになります。2ハウスにキロン獅子座がある事例として、ボディヒーラー、有名な神学者、有名な音楽家がいます。これらの人たちは、最近になって急にエゴを感じさせなくなったと周りの人達から訝しく思われています。これらの人々にとって、自分自身の職業は才能の賜物であり、決して補足的なものではありません。

キロンが獅子座に滞在する期間

  • 1880年8月31日~1891年2月14日
  • 1891年5月18日~1891年10月11日
  • 1893年3月2日~1893年6月18日
  • 1940年10月1日~1943年7月27日
  • 1941年6月18日~1943年7月27日
  • 1991年7月22日~1993年9月4日






乙女座のキロンの意味・解釈

キロン乙女座

キロンが乙女座に滞在するとき、キロンの本質が開示されます。なぜなら、乙女座はこのケンタウロス(キロン)が支配する星座(サイン)だと一般的に考えられているからです(ただし諸説あります。詳しくはキロンのアーキタイプが孤児であるという進化占星術的な解釈を紹介している記事に書いています。)。一方で、キロンの軌道は楕円形になっているため、キロンが乙女座と天秤座に滞在する期間は、50年毎にたった20ヶ月しかありません。

したがって、1943年~1945年の間の20ヶ月間、1993年~1995年の僅かな期間の間だけしか、乙女座キロンの波動を感じることはできないのです。したがって、キロン乙女座生まれの人は、キロンが乙女座に滞在している間の歴史的なデータが少ないので、キロン乙女座の波動を担う存在だと言えるでしょう。

キロン乙女座生まれの人にとって、繊細さ(微細さ)と正確さへのこだわりが大切になります。

キロン乙女座のパワーが低次の形で現れてくるとき、とても強迫観念的で土星的な表現になります。土星のコントロールによって、天王星エネルギーを大いに恐れて牽制するようになります。このように低次の乙女座傾向のある人は、強迫観念的なワーカホリックになり、自身の天王星衝動を倒錯した性傾向として表すことがあります。

莫大な権力を握る大富豪が誕生した1891年~1893年はキロンが乙女座に滞在している時期でした。この時期、女性は過程やオフィスで絶対的な権力を握ろうとし、一方でパーティーでは自制心を失いました。天王星のエネルギーが避けられ恐れられたのです。そして、天王星的な変容と成長の力の代わりに土星の持つ老化が見られました。

高次の乙女座エネルギーは、土星を有効利用に関する鋭い感覚を持ち、物事を形にするけれどそれに閉じ込めることはしません。天王星的な変容を許可する能力は、時間とともに成熟していき、パーフェクトなタイミングに関する深い直感へと進化を遂げます。

10ハウスの乙女座でキロン、火星、水星、金星、木星がステリウムになっているヨガ教師は、ヨガのポーズという土星的な形を作ることをマスターし、そのさなかに天王星的な意識の目覚めを可能にすることで、体とチャクラに電気的なエネルギーが自由に流れるようにすることに長けていました。

一方、低次の乙女座傾向を示すキロン乙女座生まれの神学者の場合は、自分が受けた宗教的なトレーニング(土星)をあまりに深刻に受け取り、天王星的な死を体験することを恐れたので、自分が信仰している教義の範疇外からくるあらゆる考えをシャットアウトしてしまいました。

キロンは、変容エネルギー(天王星)が形(土星)に対して流れ込むまさにその時・その場所を司ります。乙女座キロンが存在するハウス位置は、この生まれの人が地上でその場所を変容させるために働く場所を示します。一般的に言って、乙女座キロンが2ハウス、4ハウス、7ハウスに滞在する場合、土星的な形にこだわる強迫観念的傾向が問題に成ることがあります。一方で、乙女座のキロンが3ハウス、5ハウス、9ハウス、10ハウス、11ハウスにくると、天王星的な変容に対して好意的に反応することが多いようです。

キロン乙女座生まれの人は、これまで乙女座に対して割り振られていた支配星水星がネガティブな幻想を生み出すことがあるので、キロンに関して深く学ぶことがおすすめです。また、同様に、仕事(作業、労働)を司る乙女座との関連のある6ハウスに関するネガティブなイメージも再考察すべきです。

本来の乙女座キロンは、この地上に存在する形を完全にする(完成させる)ためのエネルギーをもたらし、それによってより高次のエネルギーが顕現できるようにします。乙女座は、高次の意識と組み合わさった地球に対する癒やしを愛します。乙女座キロン世代があることで、地上の形の中に天上的な変容のエネルギーがしっかりともたらされるのです。

キロンが乙女座に滞在する期間

  • 1891年10月12日~1893年3月1日
  • 1893年6月19日~1894年10月10日
  • 1943年7月28日~1944年11月18日
  • 1945年3月25日~1945年7月22日
  • 1993年9月5日~1995年9月8日






キロンに関する参考書籍

キロンについては、事例の研究などについては英語圏の本がメインになります。

>>>Chiron: Rainbow Bridge Between the Inner & Outer Planets: Rainbow Bridge Between the Inner and Outer Planets (Llewellyn’s Modern Astrology Library)

>>>Chiron and Wholeness: A Primer (English Edition)

パクスルーナメルマガのお知らせ

無料メルマガ「パクスルーナ通信」では、主にジェフ・グリーンの進化占星術や秘教占星術など現代西洋占星術の知見を中心に、東西神秘学の情報に基づく折々の重要な星の配置や気付きのメモを毎月3~4回ベースで発信しています。

※定期便のサンプルはこちらからご覧いただけます。
講座やお茶会、ワークショップやセミナーはメルマガにて募集いたします。※2018年現在子育て中につき休止中。
よろしければ是非ご登録ください。

パクスルーナ無料メルマガ登録はこちらから

関連記事