高次元のメッセージ

[高次元]さよならがはじまりになる、心あたたまる物語。「キツネと星」と私心なき星の叡智

先週から徐々にアヤシイお話を書くようになっておりますが、その主なきっかけがミンタカの記憶を取り戻したことですね~。

※ミンタカの記憶シリーズはこちらから読めます。

あわせて読みたい
[高次元]ミンタカの記憶その1~原初の地球の透き通ったアクアマリンの海先日8月22日、水瓶座29度で起きた水瓶座満月で何かのトリガが入ったのか? 天使や女神のつながりや、ここ最近私の宇宙時代の記憶がどんどん...

ミンタカという故郷の星がもう住めなくなって、地球の創成期の頃にやってきたのはいいけれど、なかなか地球に馴染めなくて、かといって帰る場所もなくて・・・というミンタカ星人特有のどこにも自分は属してない感について書いています。

・・・で。

うちの息子(5歳)は、時々意味深な絵を描くことがあるんですが、つい4日ほど前、いきなり絵を描いて私のところに持って来たんです。

その絵は、虹とキツネが描かれていました。

キツネ・・・(笑)

これまで特に彼の会話やお気に入りのテレビや絵本の中には出てこないので、うーん、なんでキツネなんだろうな?と思って息子に聴いたのですが、彼自身もよく分からないようでした。

そしたら、うちにあるキツネが出てくる絵本の話を思い出したんですよ。

created by Rinker
¥3,080
(2021/10/26 03:53:51時点 Amazon調べ-詳細)

「キツネと星」という題名の絵本です。とっても素敵!と思って買いましたが、どちらかというと大人の絵本ですね。うちの息子は1回一緒に読んだけどふーんでした。

で、改めて何かあるかもと思って、この絵本を手に取ったのですが・・・

あらすじはね、こういう話なのです。

大きな森のおくに住むひとりぼっちのキツネ。

まっくらな夜、空にかがやくたったひとつの星だけがともだちでした。

ところがある日、星がいなくなってしまいます。さみしくてたまらないキツネは勇気をだして、森から出て星を見なかったかと尋ね歩きます。

やがて疲れ切って眠ってしまったキツネに、「空を見上げてごらん」という声が。

キツネが空を見上げると、たくさん星があることに気づきました。

きっとあの星もこのたくさんの星の中にある。

安心したキツネは、ひとり森のなかへ帰っていきました。

あーこれ、ミンタカですな。

地球にやってきたミンタカ星人の心を癒す話(笑)

結局私が占星術とか天文学とかに興味があるのも、このたくさんの星があるということに気づくためです。

ぶっちゃけ、自分の母星へのこだわりがあるうちは、まるで大学生なのにいつまでも卒業した中学生の友達と腐れ縁でつるんでるみたいな感じで、この地球での健全な成長ができないんです(笑)

なぜならたった1つの星だけとつながっていればいい、たった1つの星が偉いとか優れているという無意識の偏向がある限り、この地球の他の生命やこの地球を起点にした新しい宇宙を見つめるまなざしが手に入らないからです。

自分が魂の幼年期を過ごした大切な星。この地球の三次元よりは生きやすい故郷の星。その星が今もなおこの空に輝いているのかいないのかに関わらず、私たちはあえてその星にさよならをした。だって、そのさよならがはじまりになると知っていたから。

仮にもうその星を空のどこにも見つけられないとしても、代わりにたくさんの星と私たちは出会える。だからこの地球をもっと信頼して故郷にしようよ。

シュタイナーは、真に高次の意識を獲得しようとしたら、魂の歴史のどこかで「故郷喪失者」として生きなければならないと言っていた。それは、真に偏りなく不偏不党に高次の真理を理解するための前提条件なのだと。

・・・故郷の星を失ったミンタカ星人は、代わりに宇宙の真実に近づくためのステップを踏んだのだ。

・・・天使のヒーラーのカイル・グレイさんがチャネルした大天使オリオンは、星々の世界と私たちをつなぐ存在。

あわせて読みたい
[つぶやき]大天使オリオン~オリオン座流星群の季節に気付いたオリオンコネクション昨日からファスティング中(自分の空亡に合わせています)なのですが、そのつい昨日、ひょんなことから積年の謎だったことが判明しました。やっぱ...

それはちょうど、『魔笛』の舞台装置としてシンケルが描いた夜の女王のように、大きなオーラの中に星を宿すもの。

「キツネと星」の絵本の最後のページ。キツネの「中」に星が宿っています。

なぜオリオンと星の叡智が関わるのか? と思っていたら、ここで、私のマツコ(オーラがやたらでかい、オリオン的な両性具有の天使w 別名ダイダラボッチ)からメッセージが来たので書いておきます。

たった1つの星にとらわれないから、無数の星を自分の中に抱けるんだ。

たくさんの闇を知っているから、小さな光にも気付けるんだ。

特定の星に偏らずに宇宙を理解することで、より高い次元の星の扉が開く。

君たちの大きな喪失が、より大きな真理の獲得につながっていることを知れ。

そのとき君たちは、私心なき星の叡智をこの地上に体現するだろう。

ただこの地上に存在しているだけで・・・。

だそうです。うるっ(涙)

ちなみにこの場合の「君たち」は主にミンタカ星人というかミンタカ的な記憶のある人に向けていっているらしいですが、そういう特定の人たちだけに限らないそうです。そもそもプレアデス人が~とか言ってますが、もう私たち全員地球人ですから!

故郷の星探しはもうやめて、地球から見ることができるすべての星を自分の中に感じて生きていきたいと思います。

・・・それにしても子どもって時々マジでチャネラーですね・・・

ABOUT ME
高橋ともえ
1981年生まれ。訳書に、『ヒーリングエンジェルシンボル』(ヴィジョナリーカンパニー)、『四気質の治療学』(フレグランスジャーナル)がある。詳しいプロフィールはこちらから。
パクスルーナからのお知らせ

当サイトの内容、テキスト、画像等は著作権法で守られています。無断転載・無断使用を固く禁じます。また、まとめサイト等への引用を厳禁いたします。

鑑定・講座・セミナー情報について

現在提供中のセミナー・鑑定・講座の一覧はこちらにまとめています。

PAXLUNA 高橋ともえ 最新のセミナー・講座・鑑定一覧

最新の情報はこちらからお知らせしています。(セミナー等のお申込にはメルマガへの登録が必要です)

最新のセミナー情報

無料メルマガ「パクスルーナ通信」のお知らせ

docomo、softbankなどのメールアドレスでは正しく登録されないようです。お手数ですが受信設定を変更いただくか(こちらをご参照ください)、gmailなど別のメールアドレスでご登録ください。

無料メルマガ「パクスルーナ通信」では、進化占星術、秘教占星術、人智学系の占星術、ヘリオセントリック占星術など現代西洋占星術の知見を中心に、東西神秘学の情報に基づく折々の重要な星の配置や気付きのメモを不定期に(毎月3~4回ベース)で発信しています。

※定期便のサンプルはこちらからご覧いただけます。
講座やお茶会、ワークショップやセミナーはメルマガにて募集いたします。

営業日やシェア会等の日程一覧はこちらのカレンダーに掲載しています。

PAXLUNAカレンダー

注意:イニシャルのみや「あいうえお」等明らかに名前ではないご登録はご遠慮いただいております。ご登録いただいても削除いたしますのでご了承ください。本名またはビジネスネーム等でご登録ください。

★1週間以上前に登録してまだ1通もメルマガが来ていない方は、お手数をおかけしますが暫定登録フォームよりご登録をお願いします(※下記ボタンより入れる外部サイトに暫定登録フォームのURLを記載しています)。ただし、docomoやsoftbank等のメールアドレスの方は、受信設定でメールを受信できないようになっているケースが多いのでご確認いただけますようお願いします。

パクスルーナ無料メルマガ登録はこちらから

Paypal.meにてドネーションを受け付けています。

Paypal.meでPAXLUNAにドネーションをする

関連記事