アトランティスの転生を思い出したギリシア・ポセイドン神殿で迎えた2004年の年明け

高橋ともえ

今、日本古代の転生やレムリア(ムー)の話を書いていますが、私の場合はアトランティスでの転生も結構たくさんあります。ヨーロッパ絡みの過去生は、だいたいがアトランティスですね~

※日本古代の転生を巡るスピリチュアルジャーニーはこちらで書いている~

日本古代の転生での魄(はく)を回収する旅。その1~始まりは松江旅行と出雲大社への違和感メルマガ等では少しお伝えしていますが、実は急遽11月13日~14日に奈良に行くことになって旅をしてきました。この旅は、私の19歳からの総...

特に、アトランティスで生きていた!と思った初めの体験が、2003年~2004年の年末年始のギリシア旅行でした。
当時は院生でお金がなく、Last Minutesというギリギリのチケットを取って友達と二人で貧乏旅行に行ったんだよね~(でもギリシアは物価も安くてドイツに比べると暖かくて最高でしたw)。

特に、ポセイドン神殿のあるスニオ岬に来た時、「ああ、私ここで生きていた」と強いデジャブ感がありました。

1月のスニオ岬は快晴、海は静かに凪ぎ冴えわたる青い色をしていました。ずっとここにいたいと思うくらい気持ちの良い場所でした。

私は出生図がドラゴンテイル(サウスノード)偏重側の人間なので、2回目のサタリタ(58歳~60歳くらい)までは過去生がらみのあれこれを解放しないといけないらしいので(笑)、今回の人生は常にデジャブ感のあることばかりです。

そのギリシアの旅では、スイス人の引退した哲学者の大学教授とたまたまクルーズ船で同じテーブルになり、ヘルダーリンというドイツ人の詩人が書いたエムペドクレスの詩の暗唱を拝聴することになりました。

なお、その教授は、亡くなった奥様を偲んでその旅行に来ていたそうで、ロマンチック~~と思いました(笑)

思えばエムペドクレスって四元素説の人だから、私が『四気質の治療学』を翻訳する布石はここでも既に打たれていたのかもね(笑)

created by Rinker
¥4,780 (2024/05/23 11:46:28時点 Amazon調べ-詳細)

アトランティス関係の話は、日本の古代やレムリア(ムー)以上に私にとっては大切なテーマなので、また機会があれば語りまする。

月に4回程度配信中・最新情報はメルマガから
Zoomセッション&メール鑑定 全国海外どこからでも受けられます

個人セッション・コース・メール鑑定

リリースしたらご案内を差し上げます

今後リリース予定のオンライン講座

ABOUT ME
高橋ともえ
高橋ともえ
星読み風水師
1981年生まれ。 魂の可能性を緻密に描き出すドイツ系西洋占星術と陰陽五行説に基づく日本の卍易風水を組み合わせて「魂の高揚感を地に足をつけて楽に生きる」お手伝いを講座やセッションを通して提供しています。 訳書に、『ヒーリングエンジェルシンボル』(ヴィジョナリーカンパニー)、『四気質の治療学』(フレグランスジャーナル)がある。詳しいプロフィールはこちらから。
関連記事
こちらの記事もどうぞ
記事URLをコピーしました