占星術コラム

ノード軸と約1年半の時代のテーマ。2017年からのノード軸の変遷を振り返り、ドラゴンライダーになる

私の星読み(占星術)ではノード(月のノード、ドラゴンヘッド・ドラゴンテイル)を重視していますが、時代を読むうえでもノードの移動はすごく意味があると考えています。

※ちなみに・・・ドラゴン(龍)についてはいろいろな意味がありますが、とてもパワーがあり高貴な側面がある一方で、この地球という三次元の仕組みの中に内在する欲望によって苦しんでもいる存在だと私は思っています。

あわせて読みたい
龍を殺す文化、龍を独占する文化、龍を解放する文化。西洋、東洋、日本における龍の扱いと女神の力実は、リリス講座をリリースする直前に、いきなりスライドを間違って全部削除する大事件がありました(笑) でもこれ、とても良いことで(...

だからこそ、女神的な力(欲望を純化した人間にしかない精神性の高さ、陰徳)が真のドラゴンライダーになるためには必要。

あわせて読みたい
[つぶやき]龍(弁才天の力)を得るためには毒と解毒の2つが必要今回のブログの話は、今から10年前の話で、カーリンというドイツ人のメンターであり親友と出会う前に見た、湖の中の島に住んでいる貴婦人の話の...

時代の寵児になり天下を取ったような人・一族・集団が、突如ひどい転落の悲劇を味わうということもあるように、龍は乗ることよりも乗り続けることが難しい存在。そういう否応のない流れを龍は象徴しているように思います。

・・・でね、ちょっと振り返りですが、2017年ころからのノード軸の変遷をまとめてみました。
※ミーンとトゥルー両方を示しています

  1. 獅子座ノースノード・水瓶座サウスノード(獅子座ドラゴンヘッド・水瓶座ドラゴンテイル)時代:2017/4/28-2018/11/16(トゥルー:2017/5/10-2018/11/7)
  2. 蟹座ノースノード・山羊座サウスノード(蟹座ドラゴンヘッド・山羊座ドラゴンテイル)時代:2018/11/16-2020/6/4(トゥルー:2018/11/7-2020/5/5)
  3. 双子座ノースノード・射手座サウスノード(双子座ドラゴンヘッド・射手座ドラゴンテイル)時代:2020/6/4-2021/12/23(トゥルー:2020/5/5-2022/1/19)
  4. 牡牛座ノースノード・蠍座サウスノード(牡牛座ドラゴンヘッド・蠍座ドラゴンテイル)時代:2021/12/23-2023/7/13(トゥルー:2022/1/19-2023/7/18)
  5. 牡羊座ノースノード・天秤座サウスノード(牡羊座ドラゴンヘッド・天秤座ドラゴンテイル)時代:2023/7/18-2025/1/25

もともと、ノースノード側のサインは未来を示しており、よって貪欲さや目指す方向性(人気が出る方向性)を示すポイントです。一方、サウスノード側のサインは過去を示しており、よって解放と手放し、場合によってはデトックス的なことが起きてきますし、同時に奉仕のために躾けていくテーマを示すポイントです。

ノースノードサウスノードどちらも良い悪いではなく、良くも悪くもなる可能性があります。

ノースノードつまりドラゴンヘッドは、欲しても欲しても満たされない渇望のポイントになるので、やり過ぎたり過剰に人気が出たりしますし、貪欲という質として出てくるのでどちらかというと俗っぽさを示したりします。

サウスノードつまりドラゴンテイルは、排せつする場所でもあり、同時に何かを生み出す場所でもあります。自分のためだけには使えない才能や資源であり、よって霊性を高めるべきテーマだったり、奉仕のために使うことが求められるところです。

この観点から見ていくと、たとえばコロナ禍の時期は、双子座ノースノード・射手座サウスノード軸で起きてきました。本質的にコロナ禍は、ある種の権威VS庶民の情報戦だったということが言えるでしょう。

御用学者のエビデンスを盾にとり詭弁を使いながら牛耳った大手メディアを通して権力側が唯一絶対の教えを上意下達に伝達し人々を動かそうとしたのに対して、SNSなどを通じて玉石混淆ながら多くの人たちが独自の見解を発信し、多様な意見が良くも悪くも花咲いた時期ですね。

そして、コロナ禍では一方通行の旧メディアのテレビよりも、相互に交流できる新メディアであるSNSに人気が集まり、ステイホームの中でこれまで以上に人々がSNSに触れた時期でした。

また、ステイホーム=移動の自由を制限する、特に遠方への外出を制限するということになったので、近距離移動の双子座、遠距離移動の射手座という対比が出ていましたね!

・・・面白いのが、社会構造(これまでの働き方)の崩壊と再編、家に皆が待機するステイホームの状態というのは、ある意味では双子座ノースノード・射手座サウスノードの1つ前の時代、すなわち蟹座ノースノード・山羊座サウスノード時代をベースにしているということです。

コロナ禍に先立つ蟹座ノースノード・山羊座サウスノード時代に、たとえば住環境を整えたり、テレワークなどの仕事にシフトできた企業や人は、おそらくコロナ禍でもかなりスムーズな移行ができたのではないでしょうか。

つまり、各時代のノード軸のテーマをしっかりとやり切っていくことが、次のノード軸の時代の布石にとても大切だということです。

その観点で言うと、いよいよこれから、牡牛座ノースノード・蠍座サウスノード時代に入りますが、この牡牛座ノースノード・蠍座サウスノード時代の土台として、今私たちが終わりを迎えつつある双子座ノースノード・射手座サウスノード時代の経験と知恵が役立つということです。

つまり、これから牡牛座ノースノード・蠍座サウスノード時代へスムーズに移行するために、こういうことができているかどうかを精査してみるといいかもしれません。

  1. アカデミズムや科学などのもっともらしい権威をうのみにしていないか?(射手座サウスノード)
  2. 大手メディアの言うことだけを信じすぎていないか?(射手座サウスノード)
  3. 誰か素晴らしいリーダーが自分を導いてくれるのではないかと盲信し依存していないか?(射手座サウスノード)
  4. 外側の権威に依存せず自分が自分を導いていくのだという自己責任と自立の感覚を持っているか?(射手座サウスノード)
  5. 様々な情報源から偏りなくフラットに情報を収集しかつその情報に踊らされない軸を持てているか?(双子座ノースノード・射手座サウスノード)
  6. SNSを使って同じ志の人たちとフラットに交流できているか?(双子座ノースノード・射手座サウスノード)
  7. 遠くの誰かやどこかよりも近所の人や身近なところに自分を助けてくれる人がいて交流ができているか?(双子座ノースノード)
  8. 日々刻々と変わる情報をちゃんと処理して自分なりの見解を持てているか?(双子座ノースノード・射手座サウスノード)
  9. 住んでいる場所の身近な流通網・移動手段は安心できるスムーズなものか?(双子座ノースノード)

こんな感じでしょうか~。

こういうところができているかどうかを、牡牛座ノースノード・蠍座サウスノード時代に入る前に精査してみるといいかも。

弁才天のように龍を優しく乗りこなす、龍の方から首を垂れて乗りたまえと言われるような真のドラゴンライダーになりたいですねw

ABOUT ME
高橋ともえ
1981年生まれ。訳書に、『ヒーリングエンジェルシンボル』(ヴィジョナリーカンパニー)、『四気質の治療学』(フレグランスジャーナル)がある。詳しいプロフィールはこちらから。
パクスルーナからのお知らせ

当サイトの内容、テキスト、画像等は著作権法で守られています。無断転載・無断使用を固く禁じます。また、まとめサイト等への引用を厳禁いたします。

鑑定・講座・セミナー情報について

現在提供中のセミナー・鑑定・講座の一覧はこちらにまとめています。

個人セッション(ZOOM)のお申込

PAXLUNA 高橋ともえ 最新のセミナー・講座・鑑定一覧

最新の情報はこちらからお知らせしています。(セミナー等のお申込にはメルマガへの登録が必要です)

最新のセミナー情報

無料メルマガ「パクスルーナ通信」のお知らせ

docomo、softbankなどのメールアドレスでは正しく登録されないようです。お手数ですが受信設定を変更いただくか(こちらをご参照ください)、gmailなど別のメールアドレスでご登録ください。

無料メルマガ「パクスルーナ通信」では、進化占星術、秘教占星術、人智学系の占星術、ヘリオセントリック占星術など現代西洋占星術の知見を中心に、東西神秘学の情報に基づく折々の重要な星の配置や気付きのメモを不定期に(毎月3~4回ベース)で発信しています。

※定期便のサンプルはこちらからご覧いただけます。
講座やお茶会、ワークショップやセミナーはメルマガにて募集いたします。

営業日やシェア会等の日程一覧はこちらのカレンダーに掲載しています。

PAXLUNAカレンダー

注意:イニシャルのみや「あいうえお」等明らかに名前ではないご登録はご遠慮いただいております。ご登録いただいても削除いたしますのでご了承ください。本名またはビジネスネーム等でご登録ください。

★1週間以上前に登録してまだ1通もメルマガが来ていない方は、お手数をおかけしますが暫定登録フォームよりご登録をお願いします(※下記ボタンより入れる外部サイトに暫定登録フォームのURLを記載しています)。ただし、docomoやsoftbank等のメールアドレスの方は、受信設定でメールを受信できないようになっているケースが多いのでご確認いただけますようお願いします。

パクスルーナ無料メルマガ登録はこちらから

Paypal.meにてドネーションを受け付けています。

Paypal.meでPAXLUNAにドネーションをする

関連記事