お知らせ・自己紹介・つぶやき

[つぶやき]牡牛座新月、牡牛座15度のブルズゲートオープンと水瓶座η流星群極大

今年は令和元年ということで何かの始まりを予感させる5月ですが、占星術的に行っても、5日の牡牛座新月から、その翌日の太陽牡牛座15度のブルズゲート(Bull’s Gate)が開き、5月6日の夜から7日にかけて、水瓶座η流星群極大へと続く面白い流れが来ていますね。

元々、水瓶座流星群はこの時期定期的に観測できる天文現象ですが、今年は新月直後ということもあってすごく観察しやすいらしいです。

今年に関して面白いのは、トロピカルゾディアックにおいて牡牛座に天王星が滞在していて、牡牛座エリアに改革や革命の意識が入っていることです。

今度、ブログでも記事を書こうと思いますが、今上天皇陛下は、アセンダントに天王星が合という、水瓶座・天王星波動の強い方。(そしてそのエネルギーは、パートナーを表す7ハウスからもたらされているので、雅子皇后に対しても令和時代は大きな注目が集まると思います)

水瓶座流星群はサイデリアルゾディアック次元からの水瓶座の波動の浄化ですが、そのエネルギーは、地球に生きる私たちのトロピカルゾディアックの次元にも接続されて、牡牛座という固定宮の中でも特に物質的なもの・変わらないものに関わるサインにエネルギーが接続されていきます。皇室という「変わらない」ように見える伝統の中に、天王星的な波動が(そして水瓶座的な波動が)入るということの象徴かもしれません。

ちなみに、5月1日から令和元年が始まりましたが、正式な即位の儀式が完了するのは今年の秋の大嘗祭までかかります。この時期、トロピカルゾディアックでは蠍座に太陽が入り、祖霊とのエネルギーの接続や死者・見えない世界との完全な融合が終わる感じでしょうか。まだまだあと半年くらいは移行期ですね。

あわせて読みたい
アバター降臨のゲートと不動宮15度(牡牛座、獅子座、蠍座、水瓶座)と四立(立春、立夏、立秋、立冬)の関係と意味・解釈立春、立夏、立秋、立冬は陰陽五行や日本の暦では大切な4つの節目であり四立(よんりゅう)と呼ばれます。実はこの時期、占星術的な観点から見る...
ABOUT ME
アバター
高橋ともえ
1981年生まれ。慶應義塾大学ドイツ文学専攻修士課程修了。ドイツ語・英語の通訳・翻訳、メディア運営。訳書に、『ヒーリングエンジェルシンボル』(ヴィジョナリーカンパニー)、『四気質の治療学』(フレグランスジャーナル)がある。詳しいプロフィールはこちらから。
パクスルーナからのお知らせ

鑑定・最新のセミナー情報について

アストロマップ鑑定のご案内(3/24 モニター期間を経て拡大・バージョンアップした鑑定を募集再開しています)

アストロマップ鑑定

最新のセミナー情報はこちらからお知らせしています。(お申込にはメルマガへの登録が必要です)

最新のセミナー情報

無料メルマガ「パクスルーナ通信」のお知らせ

無料メルマガ「パクスルーナ通信」では、主にジェフ・グリーンの進化占星術や秘教占星術、ヘリオセントリック占星術など現代西洋占星術の知見を中心に、東西神秘学の情報に基づく折々の重要な星の配置や気付きのメモを毎月3~4回ベースで発信しています。

※定期便のサンプルはこちらからご覧いただけます。
講座やお茶会、ワークショップやセミナーはメルマガにて募集いたします。

注意:イニシャルのみや「あいうえお」等明らかに名前ではないご登録はご遠慮いただいております。ご登録いただいても削除いたしますのでご了承ください。本名またはビジネスネーム等でご登録ください。

★2019年1月7日現在、メルマガ登録フォームに異常があり、通常のフォームからは登録できない状況が続いています。1週間以上前に登録してまだ1通もメルマガが来ていない方は、お手数をおかけしますが暫定登録フォームよりご登録をお願いします(※下記ボタンより入れる外部サイトに暫定登録フォームのURLを記載しています)。

パクスルーナ無料メルマガ登録はこちらから

関連記事