占星術コラム

天王星意識の刷新その1・2021年2月上旬~6月半ばまで天王星のジオ惑星ノードと月のノードが重なっていた

ここ数年の星の動きを見ていて、ああ、ずっと通底する裏テーマは「天王星意識の刷新」(水瓶座時代の準備、とりあえずまずは冥王星水瓶座時代の準備)だなと思っています。

まず、2021年は、言うまでもなく、水瓶座土星と牡牛座天王星のスクエアが3回もできておりました。これは、水瓶座の新旧2つの支配星同士がスクエアとなることで、より高い次元で水瓶座意識を生まれ変わらせるためのものだったと思います。

あわせて読みたい
2021年6月15日天王星と土星のスクエア2回目~一点集中とリラックスの中で皆が幸せになれる新しい豊かさに心を開く6月15日、牡牛座の天王星と水瓶座の土星がスクエアになります。これは、2月の1回目のスクエアに続く2回目のスクエア。1回目と違って、2回...
あわせて読みたい
水瓶座流星群極大~5月6日、新しい叡智に満たされる物質主義5月6日水瓶座流星群(水瓶座イータ(η)流星群)が極大になります。水瓶座流星群の中でもη流星群は、4月中旬から5月下旬にかけて活発になり...
あわせて読みたい
2021年の前半は乙女座の小惑星ベスタが重要~水瓶座の土星と牡牛座の天王星と乙女座ベスタのトールハンマーそろそろ来年の星読みをしなければいけない時期ですが、2021年の星読みであまり誰も言っていないことをお伝えします。来年前半は、小惑星ベス...

・・・しかしこれだけではなく、2021年の1年間、天王星の惑星ノードの観点から見て、非常に興味深い動きがありました。※なお、惑星ノードはヘリオとジオがありますが、私はジオを見ています。

まず、惑星ノードとは何か・・・ですが、これは、私たちが一般に使うドラゴンヘッド・ドラゴンテイルの惑星バージョンです。

ノースノード=ドラゴンヘッド・サウスノード=ドラゴンテイルは、別名月のノードと言われますが、太陽の通り道である黄道と、月の通り道である白道が交わる2つの点のこと。いわば、月(そして地球)の過去(ドラゴンテイル)と未来(ドラゴンヘッド)を示すポイントです。この2つのポイントを、古代の人は龍に例えたのですね。

で。

天王星の惑星ノードとは、地球から見た天王星の軌道と、黄道が交わる2つの点です。月同様、この2つの点にはノースノード=ヘッドとサウスノード=テイルがあります。すなわち、天王星のジオ惑星ノースノードと天王星のジオ惑星サウスノードがあるというわけです。

図に書くとこんな感じ↓ ジオなので、あくまで地球基準で見た天王星の軌道と太陽の軌道である黄道を見ます。

でね。ジオで見たときの惑星ノードは、より太陽に近いほど頻繁に位置が変わるのですが、火星以降の天体は、1世紀くらいの間はそれほど位置が変わりません。

そしてね・・・

我らが天王星なんですが、なんと、ここ150年ほどは、

  1. 天王星のジオ惑星ノースノード 双子座10度~16度
  2. 天王星のジオ惑星サウスノード 射手座10度~16度

に滞在しているんです。

でね。

こちらの記事でノード軸(月のノード、いわゆる一般のドラゴンヘッド・ドラゴンテイル)のトランジットについて書きましたが、

あわせて読みたい
ノード軸と約1年半の時代のテーマ。2017年からのノード軸の変遷を振り返り、ドラゴンライダーになる私の星読み(占星術)ではノード(月のノード、ドラゴンヘッド・ドラゴンテイル)を重視していますが、時代を読むうえでもノードの移動はすごく意...

月のノード軸が双子座ノースノード・射手座サウスノードにあったのは、

2020/6/4-2021/12/23(トゥルー:2020/5/5-2022/1/19)

なのです。

そしてもっと言うと、月のノード軸が天王星のジオ惑星ノード軸に重なる時期(双子座10度~16度と射手座10度~17度)は、だいたい2021年2月上旬~2021年6月半ばだったということ・・・!!

つまりどういうことかというと。

月すなわち地球の人間にとっての時代意識の方向性が、天王星意識の進化の方向性とばっちり重なっていたというわけです!

私、惑星ノードはコツコツ研究しているのですが、月のノード軸と何らかの天体のノード軸が重なった場合、それが出生図であれマンデンであれ、その人・その時期の星の運気にとって、その天体の影響が一種の通底音のように鳴り響くと考えています。

たとえば、私高橋ともえの出生図場合、月のノード軸が海王星のノード軸と正確に合になっています。この場合、たとえ海王星のアスペクトが少なかったり配置がそれほど重要でなくても、海王星という星は私自身の生涯を通じて大きな影響を与えると考えられるわけです。まあ、海王星1ハウスだし、どおりで、ぼーっとしているのか・・・と納得・・・_| ̄|○

よって、2021年の特に前半(2021年2月上旬~2021年6月半ば)は、地球の進化の方向性が天王星意識の進化の方向性と重なっており、天王星の影響が実はとても強く出ていた時期だということです。

2021年2月上旬~2021年6月半ば。

この期間のことを、ちょっと振り返ってみてください。

この時期に経験した変化は、実は天王星意識のバージョンアップのためのものかもしれません。非常に激烈なショックを体験したり、思わぬ形で自己実現が叶ったり、人によってまちまちだと思います。でも、それらの体験が、実は皆さんの、そして地球全体にとっての天王星意識の底上げにつながっていたのかもしれません。

そして、天王星意識の刷新は、来年以降ももっともっと激烈な形で続いていきます・・・!

あわせて読みたい
天王星意識の刷新その2・2022年は天王星食の年&11月8日牡牛座月蝕と天王星食で世界各地で天王星意識が生まれ変わる天王星意識の刷新その2として、2022年の天王星食が沢山起きるという話をします。そしてそのハイライトは、11月8日、立冬近く(イーグルズ...
ABOUT ME
高橋ともえ
1981年生まれ。訳書に、『ヒーリングエンジェルシンボル』(ヴィジョナリーカンパニー)、『四気質の治療学』(フレグランスジャーナル)がある。詳しいプロフィールはこちらから。
パクスルーナからのお知らせ

当サイトの内容、テキスト、画像等は著作権法で守られています。無断転載・無断使用を固く禁じます。また、まとめサイト等への引用を厳禁いたします。

鑑定・講座・セミナー情報について

現在提供中のセミナー・鑑定・講座の一覧はこちらにまとめています。

PAXLUNA 高橋ともえ 最新のセミナー・講座・鑑定一覧

最新の情報はこちらからお知らせしています。(セミナー等のお申込にはメルマガへの登録が必要です)

最新のセミナー情報

無料メルマガ「パクスルーナ通信」のお知らせ

docomo、softbankなどのメールアドレスでは正しく登録されないようです。お手数ですが受信設定を変更いただくか(こちらをご参照ください)、gmailなど別のメールアドレスでご登録ください。

無料メルマガ「パクスルーナ通信」では、進化占星術、秘教占星術、人智学系の占星術、ヘリオセントリック占星術など現代西洋占星術の知見を中心に、東西神秘学の情報に基づく折々の重要な星の配置や気付きのメモを不定期に(毎月3~4回ベース)で発信しています。

※定期便のサンプルはこちらからご覧いただけます。
講座やお茶会、ワークショップやセミナーはメルマガにて募集いたします。

営業日やシェア会等の日程一覧はこちらのカレンダーに掲載しています。

PAXLUNAカレンダー

注意:イニシャルのみや「あいうえお」等明らかに名前ではないご登録はご遠慮いただいております。ご登録いただいても削除いたしますのでご了承ください。本名またはビジネスネーム等でご登録ください。

★1週間以上前に登録してまだ1通もメルマガが来ていない方は、お手数をおかけしますが暫定登録フォームよりご登録をお願いします(※下記ボタンより入れる外部サイトに暫定登録フォームのURLを記載しています)。ただし、docomoやsoftbank等のメールアドレスの方は、受信設定でメールを受信できないようになっているケースが多いのでご確認いただけますようお願いします。

パクスルーナ無料メルマガ登録はこちらから

Paypal.meにてドネーションを受け付けています。

Paypal.meでPAXLUNAにドネーションをする

関連記事