占星術コラム

天王星意識の刷新その2・2022年は天王星食の年&11月8日牡牛座月蝕と天王星食で世界各地で天王星意識が生まれ変わる

天王星意識の刷新その2として、2022年の天王星食が沢山起きるという話をします。そしてそのハイライトは、11月8日、立冬近く(イーグルズゲート)の牡牛座月蝕と同時に起きる天王星食です。

※イーグルズゲートと立冬についてはこちらで書いています~

あわせて読みたい
アバター降臨のゲートと不動宮15度(牡牛座、獅子座、蠍座、水瓶座)と四立(立春、立夏、立秋、立冬)の関係と意味・解釈立春、立夏、立秋、立冬は陰陽五行や日本の暦では大切な4つの節目であり四立(よんりゅう)と呼ばれます。実はこの時期、占星術的な観点から見る...

※前回の「天王星意識の刷新その1」として、天王星のジオ惑星ノードが2021年2月上旬~6月半ばまで月のノードと重なっていたという話をしました。

つまり、2021年2月上旬~6月半ばの時期の私たち地球の人間たちの魂の過去と未来の道のりが、天王星の過去と未来の道のりと重なっていたので、この時期の私たちがノード軸のテーマ(双子座ノースノード・射手座サウスノード)を意識して行動すればするほど、天王星意識を新しくバージョンアップさせていた可能性が高いということです。

また、逆に言うと、2021年2月上旬~6月半ばの時期、何らかの天王星にまつわる出来事が起きていたかもしれませんので、振り返って考えてみるといいでしょう。

あわせて読みたい
天王星意識の刷新その1・2021年2月上旬~6月半ばまで天王星のジオ惑星ノードと月のノードが重なっていたここ数年の星の動きを見ていて、ああ、ずっと通底する裏テーマは「天王星意識の刷新」(水瓶座時代の準備、とりあえずまずは冥王星水瓶座時代の準...

さて。2022年の天王星食についてもう少し詳しく説明しますね。

ここでいう天王星食は、惑星食の1つであり、具体的に言うと「月による天王星の掩蔽(えんぺい)」というイベントです。日蝕が、月が太陽を隠すことであるならば、惑星食は、月が惑星を隠すということですね~。

※惑星食、掩蔽、月による天体の掩蔽についてはこちらで考察しています~。

あわせて読みたい
月による天体の掩蔽、食(occultation)に関しての考察。月によって隠されることで私たちの心の中に呼び覚まされる高次の惑星意識今年2021年は12月3日に火星食がありますね~!「食」と名付けられていますが、具体的に言うと、「月による火星の掩蔽(えんぺい)」のこと...
あわせて読みたい
イエスの誕生とヘロデ王の嬰児虐殺。紀元前6世紀の木星・土星の月による掩蔽~惑星食(月による惑星の掩蔽)の光と影いよいよアドベント期間となり、クリスマスムードが出てまいりました。クリスマスは洋の東西を問わずとても重要なイベントですが、そのイエスキリ...

なお、2022年は天王星食がたくさんありますが、日本で見られる天王星食は、11月8日の天王星食だけなのです。そしてこの天王星食が、なんとなんと牡牛座月蝕と重なっているということですね~。

※ちなみに、2022年の天王星食は、2022/02/08 2022/03/07 2022/04/04 2022/05/01 2022/05/28 2022/06/25 2022/07/22 2022/08/18 2022/09/15 2022/10/12 2022/11/08 2022/12/06 となっております。

ちなみに日本で見える天王星食&牡牛座月蝕のタイミングである2022年11月8日のチャートを日本時間で見ると・・・

こんな感じの星!

来年2022年は海王星および魚座にポイントがあります(詳しくは後日分析します)が、その海王星がMCに合。

2022年は、木星と海王星が魚座に入ることもありますが、日本という国にとっては自分たちが生来持っているスピリチュアリティや癒しの力・技法に気づいていくというテーマがあるのですが、それが1つ成就するようなイメージのある牡牛座月蝕&天王星食ですね・・・。

ヘリオセントリックで天王星と地球が合、そしてヘリオセントリックで見るとこの11月8日月蝕前後に水星と金星が地球と衝。

土星と天王星は2021年ほどの強烈さではないものの、この時期もまだまだスクエアの範疇ですので、2021年から継続している天王星意識の刷新のテーマは、この月蝕においても強く意識されるでしょう。

簡単にまとめると、2022年、世界各地で天王星食が観察されるため、各国で天王星意識の刷新が続きますが、特に日本では、11月8日の天王星食と重なる牡牛座月蝕が起きるので、ここで私たちが旧来的な天王星意識(破壊、表面的な平等を求める意識)ではなく、よりバージョンアップした天王星意識(多様性と自己実現のための機会の公正さ)を具現化できるかどうかを試される時期なのではないかと思います。

ABOUT ME
高橋ともえ
1981年生まれ。訳書に、『ヒーリングエンジェルシンボル』(ヴィジョナリーカンパニー)、『四気質の治療学』(フレグランスジャーナル)がある。詳しいプロフィールはこちらから。
パクスルーナからのお知らせ

当サイトの内容、テキスト、画像等は著作権法で守られています。無断転載・無断使用を固く禁じます。また、まとめサイト等への引用を厳禁いたします。

鑑定・講座・セミナー情報について

現在提供中のセミナー・鑑定・講座の一覧はこちらにまとめています。

PAXLUNA 高橋ともえ 最新のセミナー・講座・鑑定一覧

最新の情報はこちらからお知らせしています。(セミナー等のお申込にはメルマガへの登録が必要です)

最新のセミナー情報

無料メルマガ「パクスルーナ通信」のお知らせ

docomo、softbankなどのメールアドレスでは正しく登録されないようです。お手数ですが受信設定を変更いただくか(こちらをご参照ください)、gmailなど別のメールアドレスでご登録ください。

無料メルマガ「パクスルーナ通信」では、進化占星術、秘教占星術、人智学系の占星術、ヘリオセントリック占星術など現代西洋占星術の知見を中心に、東西神秘学の情報に基づく折々の重要な星の配置や気付きのメモを不定期に(毎月3~4回ベース)で発信しています。

※定期便のサンプルはこちらからご覧いただけます。
講座やお茶会、ワークショップやセミナーはメルマガにて募集いたします。

営業日やシェア会等の日程一覧はこちらのカレンダーに掲載しています。

PAXLUNAカレンダー

注意:イニシャルのみや「あいうえお」等明らかに名前ではないご登録はご遠慮いただいております。ご登録いただいても削除いたしますのでご了承ください。本名またはビジネスネーム等でご登録ください。

★1週間以上前に登録してまだ1通もメルマガが来ていない方は、お手数をおかけしますが暫定登録フォームよりご登録をお願いします(※下記ボタンより入れる外部サイトに暫定登録フォームのURLを記載しています)。ただし、docomoやsoftbank等のメールアドレスの方は、受信設定でメールを受信できないようになっているケースが多いのでご確認いただけますようお願いします。

パクスルーナ無料メルマガ登録はこちらから

Paypal.meにてドネーションを受け付けています。

Paypal.meでPAXLUNAにドネーションをする

関連記事