占星術コラム

2022年の立春図と春分図の星読み通り「普遍的に通用する日本古来の癒しの技法を世界へ」を地で行く人に出会った件

ここ最近のアストロマップ鑑定で健康運を気にされる方が多いので、ここ最近見るべきポイントを拡大しております・・・。アスロマップ鑑定もローカルスペース占星術の技法入れたりしているので、鑑定ページを書き換えたほうがいいですね・・・。すいません、お待たせしている方は追加資料がありますのですこーし待っていてください><

さて。実は私自身も健康に関しての関心がここ数年非常に強くなっているのですが、うちの夫経由で非常に近い場所で活動されているある治療家の方を知りました。その方に今家族ぐるみで診ていただいているのですが、なんと!!その方が、ドイツにご縁があるそうで、治療しながらドイツ話で盛り上がっています。

ちょうど2022年の星読みとして、「日本古来の(先祖伝来の)癒しの技術のうち、普遍的に価値のあるものに注目が集まり、それが海外へ出ていくかもしれない」「ローカルな癒しの技法やグッズの掘り起こしが進む」とお伝えしたのですが、まさにそれを地で行く人です。

あわせて読みたい
2022年の立春図から春分図への流れを読んでみる~先祖から受け継いできたものの中にある自分生来の力に気づいて喜びながら灯台のように内なる炎を自分の持ち場で燃やす2021年に引き続き、2022年も四立図と四季図の両方を読んでみたいと思っています。 ※2021年の記事はこちら~ http...
あわせて読みたい
2022年の天体逆行スケジュールを見て思うこと・山羊座と土エレメントから普遍的なものを選び取り風の時代そして水瓶座冥王星時代に向けて霊化する1年毎年作っている天体の逆行スケジュール。今、2022年の逆行スケジュールをサクサク作成しています。今年から、配布はメルマガ読者様限定記事と...

しかもこの方に夫が会いに行ったのが、2022年立春図の月の位置(魚座)と同じところに月があった2021年の12月11日という・・・!

あわせて読みたい
2021年12月11日魚座上弦の月~夢見たものを広げるために過去の義憤を新しい情報に照らして洗練させるとき2021年12月11日魚座で上弦の月となります。この上弦の月の星読みをレポートしていきます。 友人やコミュニティから受け取...
あわせて読みたい
チャンドラシンボル研究を再開~。高次の月の女神からのディグリーシンボルここ最近月を巡る様々な考察に一つの解答が得られ、それと同時に水面下では私自身のかねてから気になっていたテーマにつながる人脈が生まれたりし...

もともと婚家はよもぎ(もぐさ)関係の仕事を江戸時代からやっている近江商人でした(今はその事業は親戚が継承しています)。そして、なぜかわが親戚筋のメーカーのメインの輸出先はドイツなのです。ドイツでも影響力のあるある流派の鍼灸の先生が推薦しているらしいです。

そして今回知り合った新しい治療家の方は、これまたなぜかドイツに住んでいるある方(実はこの方もドイツ語業界ではちょーー有名!)が惚れ込んでファンになり、「ドイツでも勧めたい」と、ある団体(お医者さんがメインです)に広め始めたところなのだそうです。

ここでポイントだなと思うのが、「ローカルからローカルへ」「ごく小さなメーカーから必要としている人たち向けの小規模のターゲットへ」という非常に小さくて必然的なコミュニティ(経済圏)ができているということです。

決して、「●●業界を牛耳ってやる!」とか「私だけが正しい!」みたいな態度ではないというのがポイントです。シェアを奪うとか市場を独占する的な発想から起きている動きでは全くないのですね。

むしろ逆です。自分が感じた小さな感動を広げたいと思った人たちが、丁寧にその感動を分かち合うことで自然と生まれてくるコミュニティと経済圏ができているな~と思うのです。

。。。そもそも、個性も好みも全く違うのが人間ですから、一つの選択肢(一人、あるいは一企業)が業界を牛耳るというのは決して好ましいものではないですよね。そういう、とても小さな個別具体的なニーズに丁寧にピンポイントに答えていくような形での必然的なコミュニティ(経済圏)の形成がなされていると感じています。

実は、それを裏付けるかのように、2022年の春分図では、天秤座の最後の度数の月は10ハウスに入ります。月は庶民、一般大衆であり、天秤座は「全体の中での立ち位置をエレガントに取る」という質がありますので、それぞれの人・企業が自分なりのポジション(肩書)を全体の中で占めていく、一種の適材適所の配置が2022年のテーマの1つかなと思います。

そして、この天秤座の最後の度数は、2021年末から2022年1月にかけて起きる金星逆行とも関連しています。
少し専門的な話になりますが、ヘリオの金星地球の衝(地球暦の金地開き)が2022年10月23日に起きますが、この時のジオのホロスコープ上では金星が天秤座30度になるのね。

あわせて読みたい
2022年1月9日金星と地球の結び(ヘリオセントリック会合)と2022年10月23日金星と地球の開き~大きな買い物袋を提げた5歳くらいのこども&哲学者の頭にある3つの知恵のこぶ2022年1月9日、金星と地球の会合(地球暦では金星と地球の結び)が起きます。これは、太陽から見て金星が地球と合になるときです。このとき...

今年はノースノードが牡牛座に入りますので、牡牛座の支配星である金星はとても重要です。ヘリオの金星地球の衝(地球暦の金地開き)の2022年10月23日ぐらいになると、雨後の筍のように、しかし、声高に主張するのではなくしっぽりと、正しさを主張するのではなく、静かに自分の立場を守りそこを丁寧に浄めて育んでいくことで、感動と必然に基づく小さな経済圏が百花繚乱のように色々な形と色と香りの花が咲き始めるのではないかと感じています。

・・・というわけで、私の星読みが正しいということを主張するわけではないですが(笑)、自分が読んだ兆し通りのことが身の回りに起きてちょっと嬉しかったという話でした。

鑑定がたまっているので早く終わらせて、講座作るのと2022年の年間のリーディングしたいわ~!

ABOUT ME
高橋ともえ
1981年生まれ。訳書に、『ヒーリングエンジェルシンボル』(ヴィジョナリーカンパニー)、『四気質の治療学』(フレグランスジャーナル)がある。詳しいプロフィールはこちらから。
パクスルーナからのお知らせ

当サイトの内容、テキスト、画像等は著作権法で守られています。無断転載・無断使用を固く禁じます。また、まとめサイト等への引用を厳禁いたします。

鑑定・講座・セミナー情報について

現在提供中のセミナー・鑑定・講座の一覧はこちらにまとめています。

PAXLUNA 高橋ともえ 最新のセミナー・講座・鑑定一覧

最新の情報はこちらからお知らせしています。(セミナー等のお申込にはメルマガへの登録が必要です)

最新のセミナー情報

無料メルマガ「パクスルーナ通信」のお知らせ

docomo、softbankなどのメールアドレスでは正しく登録されないようです。お手数ですが受信設定を変更いただくか(こちらをご参照ください)、gmailなど別のメールアドレスでご登録ください。

無料メルマガ「パクスルーナ通信」では、進化占星術、秘教占星術、人智学系の占星術、ヘリオセントリック占星術など現代西洋占星術の知見を中心に、東西神秘学の情報に基づく折々の重要な星の配置や気付きのメモを不定期に(毎月3~4回ベース)で発信しています。

※定期便のサンプルはこちらからご覧いただけます。
講座やお茶会、ワークショップやセミナーはメルマガにて募集いたします。

営業日やシェア会等の日程一覧はこちらのカレンダーに掲載しています。

PAXLUNAカレンダー

注意:イニシャルのみや「あいうえお」等明らかに名前ではないご登録はご遠慮いただいております。ご登録いただいても削除いたしますのでご了承ください。本名またはビジネスネーム等でご登録ください。

★1週間以上前に登録してまだ1通もメルマガが来ていない方は、お手数をおかけしますが暫定登録フォームよりご登録をお願いします(※下記ボタンより入れる外部サイトに暫定登録フォームのURLを記載しています)。ただし、docomoやsoftbank等のメールアドレスの方は、受信設定でメールを受信できないようになっているケースが多いのでご確認いただけますようお願いします。

パクスルーナ無料メルマガ登録はこちらから

Paypal.meにてドネーションを受け付けています。

Paypal.meでPAXLUNAにドネーションをする

関連記事