占星術コラム

9月24日~9月30日までのヘリオセントリック金星・火星・海王星の結び~浄められたパートナーシップ、男性性と女性性のディープな和解

2018年9月24日にヘリオセントリックの金星と火星の会合(金星と火星の結び)、2018年9月26日に金星と海王星の会合(金星と海王星の結び)、2018年9月30日に火星と海王星の会合(火星と海王星の結び)が次々に起きてきます。

金星と火星は、女性性と男性性を表す天体。ジオセントリックでは天秤座に太陽が入ったタイミングで起きるこの金星・火星・海王星の会合の意味について、男女のパートナーシップにフォーカスして星読みしていきます。

2018年9月24日~9月30日までの金星・火星・海王星の会合スケジュールと、2018年の金星・火星・海王星の地球との会合スケジュール

金星・火星・海王星と地球は、今年以下のようなスケジュールで次々にヘリオセントリック会合をしていきます。
赤字は地球との会合、青字は金星・火星・海王星間の会合です。

  1. 2018年7月27日 地球と火星の会合(地球と火星の結び)
  2. 2018年9月8日 地球と海王星の会合(地球と海王星の結び)
  3. 2018年9月24日 金星と火星の会合(金星と火星の結び)
  4. 2018年9月26日 金星と海王星の会合(金星と海王星の結び)
  5. 2018年9月30日 火星と海王星の会合(火星と海王星の結び)
  6. 2018年10月26日 金星と地球の会合(金星と地球の結び)

※7月27日の火星と地球の会合時のジオセントリックの火星の度数のサビアン解釈はこちら。

※9月8日の海王星と地球の会合時のジオセントリックの海王星の度数のサビアン解釈はこちら。

※10月26日の金星と地球の会合時のジオセントリックの金星の度数のサビアン解釈はこちら。






2018年のヘリオセントリック金星・火星・海王星と地球の動きについて

今年は、約1年7ヶ月に1度の金星逆行と、約2年2ヶ月に1度の火星逆行が同時に起きる珍しい年です。

このブログでは再三再四、ジオセントリックの天体逆行=ヘリオセントリックの地球との会合(地球との結び)が起きるとても重要な時期だ、ということを書いています。

なので、火星と金星が逆行するときにも、火星は7月27日に地球とヘリオセントリック会合、金星は10月26日に地球とヘリオセントリック会合になります。

その2つの中間地点である9月後半、9月24日の金星と火星のヘリオセントリック会合の直後に、それぞれ9月26日にヘリオセントリック金星と海王星の会合、9月30日にヘリオセントリック火星と海王星の会合が起きてきます。 つまり、今年の金星と火星のヘリオセントリック会合は、海王星のエネルギーと密接に関わっていると言えます。

そしてこの海王星ですが、ちょうど9月8日にヘリオセントリックの地球と海王星の会合を迎えたばかりというタイミングです。

つまり9月後半は、既に7月27日から新しい周期に入った火星、同じく新しい周期に入った海王星のエネルギーのもとで、これから逆行を迎えようとしている金星と一体になる、という時期なのです。

折しも、ジオセントリックでは9月の秋分直後かつ牡羊座満月前後というタイミング。

これは、パートナーシップや男性性・女性性のあり方について、地球上で深い浄化や癒やしが進むと同時に、とてもディープな統合の時期が来ているということを表しているように思います。

たとえば、相手のいいところや憧れるところだけを愛でるパートナーシップではなく、醜さや闇のような部分まで入り込んでいって、そこを受け入れる・受け止めるというようなパートナーシップ。男性性と女性性の黒歴史をも浄めようとするパートナーシップ。というイメージです。

しかも、火星⇒海王星⇒金星の順番で働きかけが起きていきます。

男性性がまずステージアップして癒やされ(火星)、それからディープな潜在意識の闇的な部分に光が当たり(海王星)、そこから女性性の癒やしが起きてくるという感じ(金星)。






ヘリオセントリック金星・火星・海王星の会合のイメージ~シェーンベルクの「浄夜」と村上春樹の「騎士団長殺し」

このイメージ、どこかにぴったりなのないかなーと思っていたのですが、あ、これじゃん、と思ったのがシェーンベルクの「浄夜」と村上春樹の「騎士団長殺し」です。
 
シェーンベルクの「浄夜」は、デーメルというオーストリアの詩人の詩に着想を得て作曲されています。すっごく雑に要約すると、

男と女が月夜を散歩している。女は身ごもっているが、その子は男の子どもではない。女は、男に懺悔する。母親になったら幸せになるんじゃないかと思って見知らぬ男と関係をもったと。しかし今、私(女)はあなた(男)に恋をしているのですべてが苦しみになってしまったのだと。しかし、男は女にこう言う。君(女)は喜ぶべきだ。その子は祝福された存在だ。すべてを打ち明けてくれた君のおかげで、僕の心も洗われた。君はその子を生んでもいいのだよ。運命が授けてくれたのだから。なによりその子のおかげで、僕も赤子のように汚れのない存在になれた。

というような内容です。

自分と血のつながりのない子どもを身ごもっている女性を受け入れ、愛し、ともに歩む男性。

この男性性の元型にあるのは聖ヨセフだと思います。

聖家族(ヨセフ、マリア、イエス)では、父と子に血の繋がりはありません。聖ヨセフ的な父性(男性性)は、地上的な意味での男性性の勝利や栄光とはまったく別の質を持っていると思います。すなわち、支配する男性性ではなく、ゆるし受け入れる男性性です。

これ、村上春樹の「騎士団長殺し」の後半部分で、主人公の男性が、自分の子どもではない子(ただし夢の中ではそうでもない)を生んだユズ(元妻)と復縁したエピソードともつながってきます。

そして、母になる女性の方も、女性性(母性)に関して通常美徳や長所だと思われているものを持たず、むしろ汚点や傷であると思われる状態でありながら、祝福されているという点で、地上的な意味での女性性の勝利や栄光とは無縁です。

海王星は、進化占星術的に言うとワンネス、集合意識であり集合無意識、あるいは一元の神意識だと考えられます。その海王星が関わると、火星(男性性)も金星(女性性)も、人知で把握できないカラーを帯びてきます。

海王星的なゆるしや癒やしや浄化というのは、悪いものを取り除くとか闇を消すということによるのではなく、むしろ、痛みや傷、醜いもの、一般には闇と言われるものをそのまま光であるという視点を変えることによってなされるように思います。

シェーンベルクの浄夜で、男性が女性に対して罪や苦しみがむしろ祝福と光なのだと語ることで、深い浄化が起きてくるように。

9月24日~9月30日の金星・火星・海王星の会合の意味まとめ~浄められたパートナーシップ、男性性と女性性のディープな統合

この時期は、ジオセントリックでは太陽がパートナーシップをあらわす天秤座に入り、金星と火星は蠍座と水瓶座でサイン上はスクエアという葛藤を表す配置ですが、ヘリオセントリックで見ると、金星・火星・海王星がほぼ同時期に次々に会合し、同じエネルギーのもとで新しいサイクルに入ろうとしています。

2018年金星火星海王星会合

地上でのパートナーシップや恋愛関係では、挫折や喧嘩、失恋などを体験することもあるかもしれません。思いもかけない結果になってしまうかもしれません。しかし、それらのできごとも天上(ヘリオセントリック)の視点で見ると、そこには海王星の働きがあって、実は深いレベルでは浄化が起きているということが示されています。

大切なのは、表面的な結果や状態を見てジャッジするのではなく、善悪や光と闇を超える海王星的な視点を持つことです。そのことではじめて、パートナーシップが浄められ、男性性と女性性が深いレベルで統合されてくるでしょう。

パクスルーナメルマガのお知らせ

無料メルマガ「パクスルーナ通信」では、主にジェフ・グリーンの進化占星術や秘教占星術、ヘリオセントリック占星術など現代西洋占星術の知見を中心に、東西神秘学の情報に基づく折々の重要な星の配置や気付きのメモを毎月3~4回ベースで発信しています。

※定期便のサンプルはこちらからご覧いただけます。
講座やお茶会、ワークショップやセミナーはメルマガにて募集いたします。※2018年現在子育て中につき休止中。
よろしければ是非ご登録ください。

注意:イニシャルのみや「あいうえお」等明らかに名前ではないご登録はご遠慮いただいております。ご登録いただいても削除いたしますのでご了承ください。本名またはビジネスネーム等でご登録ください。

パクスルーナ無料メルマガ登録はこちらから

関連記事