占星術コラム

クリスマスの星は2つある。百合と薔薇、あるいは水星と金星の占星術

今日はクリスマスですね~。そのクリスマスにちなんで、クリスマスの星は2つある?というお話をしていきたいと思います。

東京時代最後(20代後半)、私は、秘教的キリスト教をベースにしたドイツ人の画家・彫刻家の先生から絵を習っていました。

その先生の授業の中で神秘学を学んでいたとき、

「クリスマスの星は2つある」

というお話を聞きました。

クリスマスツリーの真上に飾る星は五芒星(★)であることが多いですが
現地ヨーロッパでは、同じくらい頻繁に、六芒星も飾られることがあります。

六芒星は、言うまでもなくダビデの星。幼子イエスとして生まれた救世主の象徴。

そして五芒星は、伝統的に人間そのものを示します。
よって、神の子イエスが人の子として生きたことを象徴するものだとも解釈されます。

「神の両手」水星と金星

でね。

占星術好きな人ならお分かりになると思いますが、六芒星と五芒星に最も関連の深い惑星は、水星と金星なのです。

そして、水星と金星の軌道はそれぞれ、六芒星と五芒星を描きます。

水星と金星はいわゆる内惑星であり、火星以降の外惑星とはちょっと違う作用を地球にもたらしています。

具体的に言うと、地球よりも太陽に近い惑星として、太陽のエネルギーをそれぞれ地球に伝達している、と考えられます。

事実、エッセネ派のある神話では、水星と金星は神の両手であり、超古代、水星からの使者と金星からの使者が
地上で人々を指導していた、という伝説があります。

※こちらの記事に書いたよー

あわせて読みたい
2025年はやっぱり重要~水星と金星、神(太陽)の左手と右手が結ばれるとき先日、今話題のたつき諒さんの予言した日時を占星術で見てみたところ、その日ピンポイントというよりは、2025年およびその前後はやっぱり重要...

ここでいう神ですが、「太陽」と置き換えてもいいでしょう。

つまり、水星と金星は太陽の両手であり、太陽は、水星と金星を使って地球(の人類)を指導していたということです。

百合と薔薇。幼子イエスと守護天使、キリストとキリストの花嫁

・・・話を、クリスマスに戻します。

クリスマスのメインキャストは聖母マリアとイエスですが、

マリアに関して、最もよく目にする植物は「百合」ですね。
大天使ガブリエルのアトリビュートです。
百合は6弁、つまり六芒星と関わっています。

一方、「薔薇」、特にとげのない薔薇は聖母マリアであり、
赤い薔薇はイエスと深く結びついています。
薔薇は5弁、つまり五芒星と関わっています。

さらに、秘教的に言うと、六芒星と五芒星がクリスマスの星と呼ばれる理由は、

六芒星=幼子イエス
五芒星=それを守護する守護天使

だからであり、

やがて地球が再神聖化していった先に到来する、

六芒星=キリスト
五芒星=キリストの花嫁 の聖婚

というある種の予言的な意味まで含まれていると思われます。

個人の出生図における水星と金星の意味

水星と金星は、普通の占星術で見ても、仕事の才能とか、愛情関係を示す等と言われておりますが、

特に私は最近、いくつかの技法の検証を通じて、
水星と金星は、その人が生まれてきた目的を示す太陽のアジェンダを、より具体的に地上で実現していくための色々な示唆を与えてくれる星だと感じています。

女子が好きな金星はもちろんのこと、水星もまた、単なる仕事のスキルという以上の、「使命を果たすための重要な出来事」を示すポイントを形成していると感じています。

そういうあれこれをつめこんだ、「水星と金星の占星術」という出生図の個人鑑定を考えております。


・・・これはですねー。

実は昨年、年運リーディングをしていて、水星と金星の丁寧な出生図の分析をしてあげないとたった1年の運勢の分析だけでは難しいかもしれないなーと感じたからなのですね。

※っていっても、年運リーディング受けてくれた人はお分かりだと思いますが、結局10年前後の運気の流れまで見ましたw

特に、いわゆる古典占星術ではよくないと言われている水星や金星の配置を持っている人(逆行、コンバスト、ノーアスペクト、フォール、デトリメント等)は、別の技法を使ってみると実は違う意味で力が強いという可能性もあるし、また、そういう配置を持っている人特有の課題や、時期的な運勢もある。

あと、最近研究しているチャンドラシンボルはサビアンだけでは見えてこない面白い象意が出てくるので鑑定で教えたいなあ・・・。と思ったのです。

※チャンドラシンボルについてはこちらに書いている~

あわせて読みたい
チャンドラシンボル研究を再開~。高次の月の女神からのディグリーシンボルここ最近月を巡る様々な考察に一つの解答が得られ、それと同時に水面下では私自身のかねてから気になっていたテーマにつながる人脈が生まれたりし...

それが、上述の「水星と金星の占星術個人鑑定」のアイデアになったわけです。

もちろん、火星や木星も大切ですよ。

でも、特に水星と金星は、非常に重要な惑星なので、この2つを様々な角度から分析するだけでも、十分すぎるくらい、自己分析の一助になる。

あと、やっぱり出生図の中に秘められたポテンシャルを見つけることって、心をワクワクさせるじゃないですか。
そういうのも、「水星と金星の占星術鑑定」ではお伝えしたいのですよ。
ああ、私にはこういう可能性があるのか・・・って。

というのも・・・

今年、年運リーディングは年2回募集しましたが、2回目の方には、絶対にノートワークをしてもらいたく、振り返りムーンノートワークと組み合わせる形で提供しました。

ノートワークは、日々自己分析をしてもらうわけですが、この半年間、シャドウワークというw闇を見るワークが中心だったので皆さん、凹んでないかちょっと心配していたりします。

自分の盲点になっている闇を見るワークも確かに必要ですが、2021年は、ちょっと「闇」により過ぎたかなと
反省したのね。

・・・だから、あえて、2022年は、年運リーディングは募集をせず、それぞれの人が、自分のポテンシャルを見る光のワークとして「水星と金星の占星術個人鑑定」を提供したいなと。

なぜなら水星と金星は、
奉仕をしたいとこいねがう幼子イエスのような男性の高潔さと、
そんなキリスト(男性性)を助け導きたいと思う女神の愛が、
そのおおもとにある天体だからです。

というわけで、2022年の節分明け、おそらく小惑星講座リリースの後に、「水星と金星の占星術鑑定」をご案内しようと思います。

・・・まあ、やたら長い文章書いちゃう私のことなので(笑)鑑定書はA420~40枚くらいになると思いますw

ふわふわした内容だけではなく、具体的な度数とか時期的なことも、場合によってはお伝えすることになる、実用的な鑑定書をイメージしてください。

たとえば、自分はアングルも天体も●●座の25度にないのに、なぜか気になる人は●●座の25度付近に天体がある!
とか、そういう謎も解ける可能性があります。

実際私は、双子座に天体もアングルも何らかの感受点もないのに、なぜか、双子座の25度~29度くらいのところに個人天体を持っている人がプライベートに頻出なのですが、金星に関するある技法を使って計算したら、なるほどと納得できましたw

こういうことも分かるので、今回の鑑定は一度受けておくと一生使えるので、知っておくと面白いと思います~。

「水星と金星の占星術個人鑑定」にご興味がある方は、こちらから登録して待っていたください。

>>>水星と金星の個人鑑定ご案内登録

なお、具体的に何をどう見るかについては、サンプル鑑定書を2022年の元旦以降にメルマガ内にてお見せしますね。ご関心のある方は、メインのメルマガにも登録しておいてください。どうぞよろしくお願いします。

ABOUT ME
高橋ともえ
1981年生まれ。訳書に、『ヒーリングエンジェルシンボル』(ヴィジョナリーカンパニー)、『四気質の治療学』(フレグランスジャーナル)がある。詳しいプロフィールはこちらから。
パクスルーナからのお知らせ

当サイトの内容、テキスト、画像等は著作権法で守られています。無断転載・無断使用を固く禁じます。また、まとめサイト等への引用を厳禁いたします。

鑑定・講座・セミナー情報について

現在提供中のセミナー・鑑定・講座の一覧はこちらにまとめています。

PAXLUNA 高橋ともえ 最新のセミナー・講座・鑑定一覧

最新の情報はこちらからお知らせしています。(セミナー等のお申込にはメルマガへの登録が必要です)

最新のセミナー情報

無料メルマガ「パクスルーナ通信」のお知らせ

docomo、softbankなどのメールアドレスでは正しく登録されないようです。お手数ですが受信設定を変更いただくか(こちらをご参照ください)、gmailなど別のメールアドレスでご登録ください。

無料メルマガ「パクスルーナ通信」では、進化占星術、秘教占星術、人智学系の占星術、ヘリオセントリック占星術など現代西洋占星術の知見を中心に、東西神秘学の情報に基づく折々の重要な星の配置や気付きのメモを不定期に(毎月3~4回ベース)で発信しています。

※定期便のサンプルはこちらからご覧いただけます。
講座やお茶会、ワークショップやセミナーはメルマガにて募集いたします。

営業日やシェア会等の日程一覧はこちらのカレンダーに掲載しています。

PAXLUNAカレンダー

注意:イニシャルのみや「あいうえお」等明らかに名前ではないご登録はご遠慮いただいております。ご登録いただいても削除いたしますのでご了承ください。本名またはビジネスネーム等でご登録ください。

★1週間以上前に登録してまだ1通もメルマガが来ていない方は、お手数をおかけしますが暫定登録フォームよりご登録をお願いします(※下記ボタンより入れる外部サイトに暫定登録フォームのURLを記載しています)。ただし、docomoやsoftbank等のメールアドレスの方は、受信設定でメールを受信できないようになっているケースが多いのでご確認いただけますようお願いします。

パクスルーナ無料メルマガ登録はこちらから

Paypal.meにてドネーションを受け付けています。

Paypal.meでPAXLUNAにドネーションをする

関連記事