占星術コラム

セレスは小惑星帯の天体の「母」、冥王星は太陽系外縁天体・ケンタウルス族天体の「父」~カイパーベルト、オールトの雲からの使者たち。

今年中のキロン講座(ケンタウルス族天体も扱う予定で、小惑星講座PART2としてリリース予定)の準備を進めていますが、本当にキロンという天体、そしてケンタウルス族という天体は面白い・・・!

あわせて読みたい
キロンとケンタウルス族と「毒」~彗星とシアン化合物今年は易の学びが急激に進行していて、占星術の講座はリリースできないかなーと思っていましたが、やっぱり今年中にキロンの講座は出すみたいです...
あわせて読みたい
彗星は、火星と水星の現象に関わる。シュタイナーの彗星論と、プトレマイオスのテトラビブロス、そしてこの時代だからこそキロンが必要な理由。今年は無理かなーと思っていたキロン講座ですが、東洋の占いで立卦したら、GO!ってサインが出たので、出来たら年内のリリースを考えています。...

今読んでいる本の中で、こんなパッセージがありました。

「火星と木星の間の小惑星帯の母にあたるのがセレスだとしたら、キロンやケンタウルス族天体、太陽系外縁天体の父にあたるのが冥王星」

これが・・・! 個人的にかなり響きました。

ところで、オールトの雲とか、カイパーベルトという言葉を聞いたことはありますか?

オールトの雲とは、「太陽系の外側を球殻状に取り巻いていると考えられている理論上の天体群で、彗星の起源である」と考えられています。

また、カイパーベルト(エッジワース・カイパーベルト)とは、「小惑星帯と同様、主に太陽系小天体か、太陽系が形成される際の残余物からなる。多くの小惑星が岩石と金属を主成分とする一方で、カイパーベルトの天体はその組成の大部分をメタンやアンモニア、水などの揮発性物質の凝縮物 (これらを「氷」と総称する) が占めている。カイパーベルトには、天文学者が一般的に準惑星と認めているほとんどの天体、冥王星とハウメア、マケマケが存在する。また、太陽系内にある衛星のいくつか、例えば海王星の衛星トリトンや土星の衛星フェーベは、カイパーベルトが起源である可能性がある」ものなのですね。

オールトの雲の方がカイパーベルトよりも太陽から遠く、彗星の起源はオールトの雲と考えられているようですが、かつて彗星だった天体がカイパーベルト内に入り、太陽系外縁天体になっていると考えられています。冥王星自体も、元彗星ではないかという説があるそうです。

言ってみれば、オールトの雲とカイパーベルト、どちらもそれぞれ太陽系創成の頃の残余や記憶が残されている場所と考えられます。

そう、キロンをはじめとするケンタウルス族たちは、主に元彗星で何らかの理由で太陽系内部で周回するようになった天体だと言われていますが、もともとの出自は、オールトの雲やカイパーベルトなどの太陽系と外宇宙とのつなぎ目のあたりだと思われる領域なのです。

太陽系外縁天体は、たとえば準惑星セドナなど、太陽系や地球の創成の頃の古い古い記憶と関わっています。

あわせて読みたい
氷河期と超古代文明の記憶、日本の復興?~2076年準惑星セドナの近日点通過2021年2月27日の乙女座満月の星読みで、準惑星セドナのことをお伝えしました。マニアックな内容でしたが、結構ピンと来る方もいらしたよう...
あわせて読みたい
豊かさと自然界の犠牲について考える。「赤い蝋燭と人魚」~準惑星セドナとセレスとノースノードの合2021年から小惑星(準惑星)セドナの動きがものすごく気になっています。2021年は月相の配置においてセドナが絡むものが多かったのですよ...

セドナなどの天体は、いわゆる人格神的なギリシアローマ神話の神々ではなく、イヌイットやポリネシアなど、より古代の文明と親和性の高い地域の神の名前を冠しています。これらの神々は、時に異形と思われる姿かたちをしており、自然界そのものと深いかかわりを持っています。(たとえばセドナは、魚や人魚として描かれます)

同様に、キロンやケンタウルスもまた、非常に古い在り方、私たちが既に経験し過去のものとしてきた進化段階の記憶と関わっています。

今年前半、既に小惑星PART1として、火星と木星の間にある小惑星帯の天体を扱いましたが、

あわせて読みたい
小惑星講座PARTI セレス・パラス・ベスタ・ジュノー・ヒュゲイア ★講座のお申込開始しました!2022/2/14~★ 女たちはみなそれぞれの流儀で、どこか女神めいたところを持ってい...

この火星と木星の間の小惑星帯の記憶は、遥か昔に天界で行われたという「宇宙戦争」、つまり聖書においてミカエルとルシファーの戦いとして記録されている戦争と関わっています。

あわせて読みたい
火星と木星の間には、五芒星が隠されている~小惑星、女神とルシファーの記憶と贖い小惑星講座PARTIの準備が佳境に入っていますが、様々な側面から軌道周期を計算したり、シミュレーションを走らせていたときに、お!と思った...

この宇宙戦争において、ルシファーのかぶっていた冠から落ちた真珠が、「月」になったと言われています。

あわせて読みたい
月はルシファーの光の王冠から零れ落ちた宝石。ダイヤモンドに囲まれた真珠の指輪。小惑星、月、金星の女神たち年末年始は聖十二夜のワークのリリースもあり、小惑星講座は2022年に持ち越し決定(苦笑)。聖十二夜の期間はとてもスペシャルなものになるの...

そして、今年の後半小惑星PART2として扱うキロンとケンタウルス族天体もまた、「月」と関わっています。

というのが、この半人半獣というケンタウルスの姿は、シュタイナーが言うところの月紀、つまり私たちが今生きている地球紀の進化段階の一つ前の古い進化段階における人間の姿だった(厳密には動物人間としての人間)と考えられているからです。

先ほど、太陽系外縁天体は古い記憶と関わると伝えましたが、こうした天体が「発見」され、私たちの記憶の中に入ってきているということには深い意味があります。

つまり、単なる懐古趣味としてこうした天体のテーマに向き合うのではなく、現在進行形で私たちが取り組むべきテーマであるということです。

・・・長くなりましたので、「なぜ今私たちが、キロンそしてケンタウルス族天体のテーマを取り組むべきか?」という話を別記事で書いていきますね。

追記:キロン講座は2022年秋~冬にかけてリリース予定です。気になる方はこちらの登録フォームからご登録ください。ご案内をします。

>>>キロン講座ご案内登録フォーム

ABOUT ME
高橋ともえ
1981年生まれ。訳書に、『ヒーリングエンジェルシンボル』(ヴィジョナリーカンパニー)、『四気質の治療学』(フレグランスジャーナル)がある。詳しいプロフィールはこちらから。
パクスルーナからのお知らせ

当サイトの内容、テキスト、画像等は著作権法で守られています。無断転載・無断使用を固く禁じます。また、まとめサイト等への引用を厳禁いたします。

鑑定・講座・セミナー情報について

現在提供中のセミナー・鑑定・講座の一覧はこちらにまとめています。

個人セッション(ZOOM)のお申込

PAXLUNA 高橋ともえ 最新のセミナー・講座・鑑定一覧

最新の情報はこちらからお知らせしています。(セミナー等のお申込にはメルマガへの登録が必要です)

最新のセミナー情報

無料メルマガ「パクスルーナ通信」のお知らせ

docomo、softbankなどのメールアドレスでは正しく登録されないようです。お手数ですが受信設定を変更いただくか(こちらをご参照ください)、gmailなど別のメールアドレスでご登録ください。

無料メルマガ「パクスルーナ通信」では、進化占星術、秘教占星術、人智学系の占星術、ヘリオセントリック占星術など現代西洋占星術の知見を中心に、東西神秘学の情報に基づく折々の重要な星の配置や気付きのメモを不定期に(毎月3~4回ベース)で発信しています。

※定期便のサンプルはこちらからご覧いただけます。
講座やお茶会、ワークショップやセミナーはメルマガにて募集いたします。

営業日やシェア会等の日程一覧はこちらのカレンダーに掲載しています。

PAXLUNAカレンダー

注意:イニシャルのみや「あいうえお」等明らかに名前ではないご登録はご遠慮いただいております。ご登録いただいても削除いたしますのでご了承ください。本名またはビジネスネーム等でご登録ください。

★1週間以上前に登録してまだ1通もメルマガが来ていない方は、お手数をおかけしますが暫定登録フォームよりご登録をお願いします(※下記ボタンより入れる外部サイトに暫定登録フォームのURLを記載しています)。ただし、docomoやsoftbank等のメールアドレスの方は、受信設定でメールを受信できないようになっているケースが多いのでご確認いただけますようお願いします。

パクスルーナ無料メルマガ登録はこちらから

Paypal.meにてドネーションを受け付けています。

Paypal.meでPAXLUNAにドネーションをする

関連記事