占星術コラム

ハロウィン、メキシコ「死者の祭」、そしてファウストの母たちの国~2022年秋の日蝕月蝕シーズンと立冬のイーグルズゲート

高橋ともえ

日本でもすっかりハロウィンが定着して、今や小学校でも行事の一部になるくらいですが、10月末~11月1日、少し長い幅で考えると11月の立冬(イーグルズゲート)の前後1週間くらいは、死者(地下世界、あるいは生と死の間の中間生)との関係性が強まる時期なんですよね。

アバター降臨のゲートと不動宮15度(牡牛座、獅子座、蠍座、水瓶座)と四立(立春、立夏、立秋、立冬)の関係と意味・解釈立春、立夏、立秋、立冬は陰陽五行や日本の暦では大切な4つの節目であり四立(よんりゅう)と呼ばれます。実はこの時期、占星術的な観点から見る...

でね。

最近子どもと一緒に、ピクサー映画(ディズニーアニメ)の「リメンバーミー」を観たんですが、

created by Rinker
¥300 (2024/03/04 12:05:38時点 Amazon調べ-詳細)

この物語の舞台はメキシコで、時期は「死者の日」と呼ばれる11月1日~2日にかけてメキシコ全土で行われる死者のお祭なんです。

このアニメを見ると、いわゆる中間生(死者たちが一時的に滞在する領域)がどういうものか、また、生者の世界に死者がどういう影響を与えうるか、ということが垣間見えて面白かったです。

死者の日(ししゃのひ、ディア・デ・ムエルトス、スペイン語: Día de Muertos、英語: Day of the Dead)はメキシコの伝統文化、風習である。特にメキシコにおいて、死者を偲びそして感謝し、生きる喜びを分かち合うことを目的としている。この伝統は、メキシコにおいて最も重要な風習の一つであり、毎年11月1日と2日に祝われる。

出典:Wikipedia

そして、とても面白いことに、メキシコだけではなく、大西洋沿岸地域、つまりアイルランドとか、北米とかの諸地域に、こうした死者のお祭(死者の霊やご先祖の霊が生者を訪ねてくる)をするという風習が点在しているのですね~!

一説には、アトランティス大陸が沈没した時の水没者の慰霊祭であるとも言われていますが、大変興味深いです。

死者の日は11月1日~2日、ハロウィンは10月31日。

そしてあまり知られていないことですが、シュタイナー曰く、11月9日は「ファウスト」に出てくる「母たちの国」へ下っていく時期であると考えていたのですね。

※「母たちの国」についてはこちらの記事で詳述しています。

蠍座の季節と、死者と生者すべての母なる冥界の女神(Urmuetter)~ハロウィーン、死者の祭、立冬&イーグルズゲート、ファウストの母たちの国へ10月31日は毎年ハロウィーン。日本でもすっかり津々浦々で祝うことが定着しましたが、死者の祭と言われるハロウィーンは、いかにも蠍座に太陽...

「母たちの国」とは、ファウスト第二部に出てくる想像上の場所。そこは、地球のありとあらゆる命に形態を与えると同時に、それらの命が形態を失って帰還する場所なのです。

そういう意味ではまさに地球の「子宮」であり、イザナミ的な場所なわけです。

・・・まとめると、このイーグルズゲート付近の重要な祝祭としては、

10月31日 ハロウィーン
11月1日 万聖節&死者の祭(メキシコ)
11月6日~7日ごろ 立冬&イーグルズゲート
11月9日 ファウストの母たちの国へ

こんな感じの日付になっているわけです。

もともと立冬&イーグルズゲートというのは蠍座15度付近です。この辺りは、蠍座の対向星座(サイン)である牡牛座の影響が入ってくるところ。

今年は、ノード軸が牡牛座と蠍座にありますが、2022年の立冬ごろのノード軸はまさにこの蠍座・牡牛座15度付近にきているのも面白い符牒です。

改めてノード軸のドラゴンヘッド牡牛座・ドラゴンテイル蠍座時代を考える。先日自分自身が、まさか!というようなちょっとアストラル的な悪いエネルギーにやられていることに気づき、改めて今現在の空を運行しているノード...

そして、以前からお伝えしていますが、2022年のハイライトは、この立冬&イーグルズゲートのタイミングで起きる牡牛座月蝕&天王星食。

天王星意識の刷新その2・2022年は天王星食の年&11月8日牡牛座月蝕と天王星食で世界各地で天王星意識が生まれ変わる天王星意識の刷新その2として、2022年の天王星食が沢山起きるという話をします。そしてそのハイライトは、11月8日、立冬近く(イーグルズ...

とても興味深いここ10日ほどの星の流れです。

月に4回程度配信中・最新情報はメルマガから
Zoomセッション&メール鑑定 全国海外どこからでも受けられます

個人セッション・コース・メール鑑定

リリースしたらご案内を差し上げます

今後リリース予定のオンライン講座

ABOUT ME
高橋ともえ
高橋ともえ
星読み風水師
1981年生まれ。 魂の可能性を緻密に描き出すドイツ系西洋占星術と陰陽五行説に基づく日本の卍易風水を組み合わせて「魂の高揚感を地に足をつけて楽に生きる」お手伝いを講座やセッションを通して提供しています。 訳書に、『ヒーリングエンジェルシンボル』(ヴィジョナリーカンパニー)、『四気質の治療学』(フレグランスジャーナル)がある。詳しいプロフィールはこちらから。
関連記事
こちらの記事もどうぞ
記事URLをコピーしました