占星術コラム

月の近地点あるいはプリアプスの研究~ナウシカの腐海と未来の地球=太陽に等しい地球の楽園

年運リーディングに思ったよりもお申込を頂いていてまだまだ繁忙期が続きますが、その傍ら、リリス講座の月の近地点の情報を発信しております。

※リリス講座はこちらからご案内しています。

あわせて読みたい
花の香りを強める天国の風と豊穣の闇~3つのリリスの統合とイシュタルゲート講座 ほとんどの悪徳は、完全に開花できていない美徳である。-マルグリット・デュラス エデンとは性そのものである。私た...

月の近地点あるいはリリスの対になるポイントとしては、

  1. ホワイトムーンセレナ
  2. トゥルームーンアルタ
  3. プリアプス

というのが知られています。

※①と②については、ちょっとこちらに書きました。ロシアや東欧系の占星術師の間ではかなり頻繁に使われています。

あわせて読みたい
この世に足をつけて生きるための指針を示す月の近地点もリリス講座に盛り込みました(笑)ようやくリリースできたリリス講座なのですが、どうも必要らしく、月の近地点の情報も入れるべきっぽいので、月の近地点の情報を出力できるロシア...

なお、①と②のセレナとアルタは、厳密には月の近地点ではありません。

一方、③のプリアプスは、いわゆる月の近地点です。これは、月の遠地点のリリスに対してペアになる存在。

ただ、プリアプスも、計算方法が結構まちまちなんですよねー!!

私が使っている占星術ソフトJanusでは、リリスの180度反対側にプリアプスが出力されます。
しかし、私が今読んでいる、Dieter Kochさん(Astrdoeinstの中の人)の本によると月の遠地点・近地点の軸は正確な180度同士ではないので、その位置は微妙ですよね。

まだまだ、リリスはおろか月の近地点のプリアプスの研究は、正確なエフェメリスが定まるまでは紛糾しそうです(笑)

ちなみに、最近The Mountain Astrologerのバックナンバーを一通り調べてみたところ、リリスに関してはKochさんはじめ、私が普段から読んでいるドイツ語圏の占星術師の人の寄稿がかなりあったので、おそらくドイツ語圏におけるリリスとプリアプスの研究はかなり盛んなんでしょうね。

ドイツ語の占星術雑誌Meridianでも、リリスやプリアプスの論文はけっこう出ています。ディープなの多いよw
たとえば、犯罪の被害者・加害者同士のリリスとプリアプスのシナストリーとか・・・(*´Д`)

で。

プリアプスって、ローマの男神で、庭園に良く飾られることのある植物の豊穣の神です。ただ、あんまりサイトに張り付けたくない微妙な姿で描かれていますw インドのシヴァリンガムみたいなね・・・。

ちょっとましなパターンで言うとプリアプスはこれ。

ちょっと、牧神パンにも似ているのですよね。性エネルギーと自然界との繋がりという部分が。

あわせて読みたい
[つぶやき]ハーブ畑に現れた牧神パンと地球の内部にある伝説の黄金の国の話~山羊座土星・冥王星がサウスノードに合によせて2019年の面白い配置は、なんといっても山羊座で冥王星・土星・サウスノードが合になっている配置ですね。 ※そして、この記事では割愛...
あわせて読みたい
[つぶやき]2019/11/11と11/12、水星の日面通過とこの夏の水星の動きと木星山羊座入りに向けて~山羊座テーマの救済2019年11/11~11/12にかけて、天体のイベントが色々続いていますね~。 ちなみに、ご存知の方も結構いると思いますが、20...
あわせて読みたい
[つぶやき]解放を待つエレメンタルの怒りとオーラソーマボトルB117の「パン」先日、猛烈に怒っていた時期があって、その時に使用を再開し始めたのがオーラソーマボトルB117の「パン」でした。 ※牧神パンについて...

なお、私自身は、月の遠地点と近地点の軸は、イシュタルと関連していると思っていますので、プリアプスとリリスがペアリングされていることはちょっと違和感があるのですよね。

ちなみに、ムーンガーデニングで言うと、月の近地点に月が合になるときは土のエレメントが強まり、土の中で菌類の働きが活発になり、植物に対する虫の攻撃性が強くなると言われています。

そして、この菌類の働きが活発になるがゆえに、月の近地点に月が合になるときに種まきするのは禁忌とされていますが、土のエレメントの野菜、たとえばジャガイモの場合は数は少ないけれど大きなジャガイモができると考えているバイオダイナミック農家もいるらしいです。

こうした様々な月の近地点の特質、土のエレメントの力が強まること、菌類の活動が活発になること、虫の攻撃性が高まる(植物を食べて分解しようとする)などを考えていくと、どうもこれは植物を育成するための期間というよりは、土を作るための期間として最適なんじゃないかと感じます。

月の近地点に月が合になるときは、植物が分解されて土に戻りやすくなるということです。つまり、月の近地点に月が合になるときというのは大地の内部の活動が盛んになるということなのですよね。

これは、秋と冬(立冬~立春まで)の地球の状態と似ています。秋は地上部を収穫し、残りは枯れて冬には土に戻る時期。

バイオダイナミック農法やムーンガーデニングの本では、冬は最も地球のコアにある黄金の領域の力が強まると言われており、それゆえ土やたい肥を作るのに最適だと言われています。

あわせて読みたい
太陽近日点通過、これから立春までの流れと1月6日までの聖十二夜昨日1月2日夜、地球は太陽に最も近づく近日点を通過しました。この季節、北半球は冬で、最も寒い季節になりますが、実は地球のコアは黄金色に輝...
あわせて読みたい
大地の黄金のコアと未来の希望の炎~サイデリアルゾディアック太陽山羊座入りから立春(エンジェルズゲート)まで本日、サイデリアルゾディアック(Fagan式)で太陽が山羊座に入りました。日本でも暦の上で最も寒い季節(小寒・大寒)に入っています。 ...

なお、地球のコアにある黄金の領域の話については、ながーい動画をこちらのYoutubeにアップしています。

冬に植物たちが感応するのは、遠い未来に太陽に等しい存在になる地球の黄金のエネルギーなのです。

様々なことを総合すると、月の近地点が刺激するのは、この遠い未来に太陽に等しい存在となる地球の核の黄金の領域なのではないかと思います。

だとしたら、月の近地点がプリアプスと呼ばれていることの意図は、アルカディア的な、ある種の牧歌的で楽園的な世界の遠い未来の記憶のことなのかもしれないと感じています。

いくつかシナストリーを見ていますが、割とこのプリアプス絡みの相性(自分のプリアプスに相手の天体が合になる)は、プリアプス側が天体側に対して一種の憧憬や好感を抱きやすいのかもと思います。

なお、この腐敗の向こう側に浄化された浄土があるっていうイメージは、ナウシカの腐海っぽいなあと思います。月の遠地点のリリスが、遠い昔に存在していた楽園の記憶を刺激するとしたら、月の近地点は、私たちがこれから作り出していく未来の楽園の思い出を想起させるものなのかもしれません。

ABOUT ME
高橋ともえ
1981年生まれ。訳書に、『ヒーリングエンジェルシンボル』(ヴィジョナリーカンパニー)、『四気質の治療学』(フレグランスジャーナル)がある。詳しいプロフィールはこちらから。
パクスルーナからのお知らせ

当サイトの内容、テキスト、画像等は著作権法で守られています。無断転載・無断使用を固く禁じます。また、まとめサイト等への引用を厳禁いたします。

鑑定・講座・セミナー情報について

現在提供中のセミナー・鑑定・講座の一覧はこちらにまとめています。

PAXLUNA 高橋ともえ 最新のセミナー・講座・鑑定一覧

最新の情報はこちらからお知らせしています。(セミナー等のお申込にはメルマガへの登録が必要です)

最新のセミナー情報

無料メルマガ「パクスルーナ通信」のお知らせ

docomo、softbankなどのメールアドレスでは正しく登録されないようです。お手数ですが受信設定を変更いただくか(こちらをご参照ください)、gmailなど別のメールアドレスでご登録ください。

無料メルマガ「パクスルーナ通信」では、進化占星術、秘教占星術、人智学系の占星術、ヘリオセントリック占星術など現代西洋占星術の知見を中心に、東西神秘学の情報に基づく折々の重要な星の配置や気付きのメモを不定期に(毎月3~4回ベース)で発信しています。

※定期便のサンプルはこちらからご覧いただけます。
講座やお茶会、ワークショップやセミナーはメルマガにて募集いたします。

営業日やシェア会等の日程一覧はこちらのカレンダーに掲載しています。

PAXLUNAカレンダー

注意:イニシャルのみや「あいうえお」等明らかに名前ではないご登録はご遠慮いただいております。ご登録いただいても削除いたしますのでご了承ください。本名またはビジネスネーム等でご登録ください。

★1週間以上前に登録してまだ1通もメルマガが来ていない方は、お手数をおかけしますが暫定登録フォームよりご登録をお願いします(※下記ボタンより入れる外部サイトに暫定登録フォームのURLを記載しています)。ただし、docomoやsoftbank等のメールアドレスの方は、受信設定でメールを受信できないようになっているケースが多いのでご確認いただけますようお願いします。

パクスルーナ無料メルマガ登録はこちらから

Paypal.meにてドネーションを受け付けています。

Paypal.meでPAXLUNAにドネーションをする

関連記事