私が卍易風水師になるまでその1 未来は逆向きにやってくるという古くて新しい日本の風水

高橋ともえ

先日、卍易風水師になったよーっていうご報告をしました。すでにチラホラ鑑定のお申し込みもいただいており嬉しい限りです。

さて。今ちょうどお盆休みで比較的余裕があるので、何回かに分けて私が卍易風水を習うに至るまでの話を書いていきたいと思います。

卍易風水師になりました! 2023年8月からセッションを開始します。実は昨晩、私が今習っている東洋の易と風水の授業が終わり、卍易風水師になりました! ちょうどマヤ暦でいう1年の始まりの日に免許皆伝となっ...

元々私は20代のころから風水には関心がありました。とはいえ、その当時私にご縁があった風水は、家の立地や立てた年などから運気を見たり、家の建築そのものに関わる風水。しかも中国本土ではなく、欧米で広まった流派のものでした。

その欧米化された中華風の風水を勉強している中で一番疑問だったのが、本質的な風水の中にあるある種の利己性です。

つまり、「良い土地を自分や自分たち一族で占有して富を得る」というような考え方ですね。典型的には、陰宅風水といって、先祖代々のお墓を良い場所(明堂)に配置することで、子々孫々に至るまで栄華を得ようとする風水です。

荒俣宏さんが日本に紹介した香港の銀行同士の風水戦争などもまさにこういう文脈の中にあります。

created by Rinker
¥836 (2024/04/12 23:28:41時点 Amazon調べ-詳細)

※このあたりの風水と権力の関係性については、韓国映画の風水師に詳しい。

映画「風水師。王の運命を決めた男」~権力と風水と水瓶座の月のサイクル今日は4月27日で蠍座満月なのですが、個人的にはなんだかもう水瓶座上弦の月のサイクルのことを思い出しています。(年運リーディングの方々へ...

なんか、このある種の利己性がどーもネックになって、この辺りの学びを深めていきたいという気にはならなかったのですね。

・・・ところがその後、30代になってから古神道について学んでいた時、日本の古来の風水は、中国からの影響を受けつつも独自性があることに気づきます。

それは、日本の風水には氏神神社と穀類を産出する田をエネルギーの源として集落全体に豊かさをいきわたらせるという縄文的な公共的な思想です。

夏の土用開始2018年7月20日~8月6日~五穀を使って風水で開運できる時期2018年7月20日~8月6日まで夏の土用期間となります。この18日間は、一般的な陰陽五行や東洋思想では、新しいことを起こしたり決断した...

実は、日本の風水って「五穀豊穣」がベースなのですよ・・・!

※風水ではなく、火風水、つまり「ひふみ」と言われていたとも・・・。火と風と水で土から産出された穀類を食す、ということは四元素でもあります!

この情報に触れてから、少なくとも日本という国らしさを失わない(利己性に偏らない)東洋風水を学びたいと思うようになりました。
とはいえ、いったいそんな風水(日本的なものを大切にした風水)がどこにあるんじゃー!?と思っていました。

でも、弟子の準備が整えば、師匠があらわると言います。

ある日私は、インターネットを検索していて、ある著名な起業家さんがお客様として体験談を掲載して絶賛している風水師さんのことを知ります。

それが、卍易風水の創始者・仲谷先生でした。

最初はよくある中華風の風水かなって思っていたのですが、先生のブログやサイトを読み進めるうちに「日本的なもの」に関する言及があったり、いろいろな考察が深いと気づき、どんどんどはまり。

そして、仲谷先生の「タオのメソッド」(現在改訂中)を買ったのですが、陰陽五行について五常という心の仕組みから解説する今までにない理論に衝撃を受けました。

しかもちょうどそのころ、私は、

「未来は逆向きにやってくる」

という日本独自の時間の流れに取りつかれていました。

日本人は古代から、未来から流れてくる時間感覚を持っていた。2023年以降は東洋の占い(易と風水)を取り入れてセッションをしたり、五行と心理学の講座もリリースしようと思っています。そして、実は今水...

そのため、五常の中にある逆の流れ、つまり下剋上の動きを「成長」ととらえる仲谷先生の考え方に強烈に惹かれたんですね。

最初は五常について勉強したいと思っていましたが、ちょうどリニューアル中で受けられず。なので、まずはセッションを受けてみたい!と前のめりに申し込むことにしました。

(つづく)

私が卍易風水師になるまでその2 蔵の中にある〇〇の存在を風水師に言い当てられる。そしてその〇〇をある場所に飾った結果・・・?前回からの続きで、私が卍易風水師になるまでの道のりその2です。 ※前回はこちら~ https://paxluna.net/?...

※私が卍易風水師になるまでシリーズはこちらから読めます:

私が卍易風水師になるまでその1 未来は逆向きにやってくるという古くて新しい日本の風水先日、卍易風水師になったよーっていうご報告をしました。すでにチラホラ鑑定のお申し込みもいただいており嬉しい限りです。 さて。今ちょ...
私が卍易風水師になるまでその2 蔵の中にある〇〇の存在を風水師に言い当てられる。そしてその〇〇をある場所に飾った結果・・・?前回からの続きで、私が卍易風水師になるまでの道のりその2です。 ※前回はこちら~ https://paxluna.net/?...
私が卍易風水師になるまでその3 丁寧に風水の結果を味わい、家を徹底的に掃除して断捨離して花を飾り続ける前回の記事で、蔵の中にあった槍を先生に立卦だけで当てられ、さらにその槍を言われたとおりにある特定の方角に飾ったところ、急に主人の仕事に展...
私が卍易風水師になるまでその4 禍を転じて福と為す、の卦の激烈さを身をもって味わうw前回からの続きで、私が卍易風水師になるまでの道のりその4です。 ※前回はこちら~ https://paxluna.net/?...
私が卍易風水師になるまでその5 命占と卜占から人の運命に寄り添う占いができるようになった前回からの続きで、私が卍易風水師になるまでの道のりその5です。 ※前回はこちら~ https://paxluna.net/?...
月に4回程度配信中・最新情報はメルマガから
Zoomセッション&メール鑑定 全国海外どこからでも受けられます

個人セッション・コース・メール鑑定

リリースしたらご案内を差し上げます

今後リリース予定のオンライン講座

ABOUT ME
高橋ともえ
高橋ともえ
星読み風水師
1981年生まれ。 魂の可能性を緻密に描き出すドイツ系西洋占星術と陰陽五行説に基づく日本の卍易風水を組み合わせて「魂の高揚感を地に足をつけて楽に生きる」お手伝いを講座やセッションを通して提供しています。 訳書に、『ヒーリングエンジェルシンボル』(ヴィジョナリーカンパニー)、『四気質の治療学』(フレグランスジャーナル)がある。詳しいプロフィールはこちらから。
関連記事
こちらの記事もどうぞ
記事URLをコピーしました