占星術コラム

2018年金星逆行10月6日~11月16日の注意点・注目の日・占星術的な意味・解釈

2018年10月6日~11月16日まで、金星が約40日にわたって逆行します。この記事では、今回の金星の逆行に関して注意すべき点や注目の日、占星術的な意味・解釈・定義について書いていきます。

2018年の金星逆行(2018年10月6日~11月16日)

2018年の金星逆行のスケジュールはこちらです。

2018年金星逆行
  • 2018年1月10日 地球と金星の衝(ヘリオセントリック) このときジオセントリック金星は山羊座19°
  • 2018年9月3日 天秤座25°金星 逆行ゾーンに入る
  • 2018年10月6日 蠍座10° 金星 逆行開始
  • 2018年10月26日 地球と金星の会合(ヘリオセントリック) このときジオセントリック金星は蠍座3°
  • 2018年11月16日 天秤座25°金星 順行のための留期間に入る
  • 2018年12月9日 金星 蠍座3°通過
  • 2018年12月17日 蠍座10° 金星 逆行ゾーンから出る
  • 2018年8月13日 地球と金星の衝(ヘリオセントリック) このときジオセントリック金星は獅子座19°






2018年金星逆行中に注目・注意すべき期間

今回の2018年の金星逆行中には、いくつか注目・注意すべき期間があります。

金星の留(ステーション)期間

まず、金星が逆行開始のために動きが遅くなりほぼ動いていないように見える留(ステーション)の時期(retrograde station)と、順行に戻るべく再び留(ステーション)になる時期(direct station)です。

2018年の逆行に関連する金星の留の具体的な日程と度数は以下のとおりです。

  • 2018年10月4日~7日 蠍座10度付近で 逆行前の留(ステーション)
  • 2018年11月15~18日 天秤座25度付近で 順行前の留(ステーション)

なお、なお、2018年金星の留の期間中に刺激される蠍座10度と天秤座25度のサビアンシンボルはこちら。

  • 蠍座10度(サビアンシンボルでは11度) 救助される溺れた男
  • 天秤座25度(サビアンシンボルでは26度) 互いに入れ替わる鷲と大きな白い鳩

2018年、この2つの度数域で金星がそれぞれ数日間滞在します。この度数付近に出生図の天体を持っている人やアスペクトを受ける天体がある人は注意しましょう。






金星が順行に戻り水星が逆行を開始する2018年11月17日

2018年の金星逆行の直後の2018年11月17日、水星が逆行を開始します。天体の留(ステーション)が2つ以上同時に起きるときは、様々な事件や出来事、イベントが起きやすいと言われています。

金星と水星の留が立て続けに起きる2018年11月17日前後は注意しましょう。

※トランジとの留についてはこの記事に書いています。

海王星逆行と重なる期間がある

2018年の金星逆行期間は、海王星も逆行しています。

金星は海王星のローアーオクターブ(海王星は金星のハイオクターブ、ハイヤーオクターブ)であるため、今回の金星逆行期間中は、愛情(恋愛)、美意識、快楽などのテーマに関して混乱や停滞が生じやすくなる可能性がありますので要注意です。

満月と金星がオポジションになる2018年10月24日の牡牛座の満月

2018年、月のサイクルと逆行中の金星の特徴的な配置が起きます。

  • 2018年10月24日 牡牛座満月と金星がオポジション






ヘリオセントリックでの地球と金星の合(地球暦の地球と金星の結び)

2018年10月26日、ヘリオセントリック(太陽中心、地球暦)で見たときに地球と金星が重なって見える合(会合)がおきます。これは、およそ1年7ヶ月ごとに起きる地球と金星の会合周期の終わりと始まりになります。

この日を境に、地球に与える金星のエネルギーが刷新され、新しいテーマに入っていきます。

この10月26日の地球と金星の会合は、ジオセントリックチャートでは蠍座3度で起きます。






金星逆行の占星術的な意味・象徴・解釈と注意点

金星は、584日(およそ1年7ヶ月)ごとに約40日程度逆行します。

逆行のアーキタイプ(意味・象徴)について、進化占星術では「逆行する天体が持つ通常の意味や象徴に疑問を突きつけることで、より深いレベルでその天体の意味や象徴を理解しようとする衝動」だと考えます。そのため天体が逆行するときは、通常よりも内省的な現れ方や、通常とは違う現れ方をすると言われています。

金星が逆行すると、恋愛(愛情)、人間関係、金銭(経済)、美意識や経済、快楽などに対しての見直しや再考や、より深い理解が促されます。同時に、愛情・経済・美意識などに関して損失を感じるようなことも起きるかもしれません。

古来より、金星(venus)には、天上のビーナスと地上のビーナスがいると言われてきました。神聖な愛や美を体現する天上のビーナスと、官能的な快楽や俗世間のための地上にのビーナスがいるという考えです。

金星が逆行している間は、一方では人間関係や経済的な面での思わぬ事態があるかもしれませんが、金星逆行期間中にヘリオセントリックの金星と地球の会合があるように、金星のより天上的な性質に目覚めることができる時期なのかもしれません。

逆行する金星を有意義に使うとしたら、金星逆行の間は、より高いレベルの愛や美に触れる機会をもつ、というのがおすすめです。芸術作品の鑑賞や、奉仕的な活動もおすすめです。

パクスルーナメルマガのお知らせ

無料メルマガ「パクスルーナ通信」では、主にジェフ・グリーンの進化占星術や秘教占星術など現代西洋占星術の知見を中心に、東西神秘学の情報に基づく折々の重要な星の配置や気付きのメモを毎月3~4回ベースで発信しています。

※定期便のサンプルはこちらからご覧いただけます。
講座やお茶会、ワークショップやセミナーはメルマガにて募集いたします。※2018年現在子育て中につき休止中。
よろしければ是非ご登録ください。

パクスルーナ無料メルマガ登録はこちらから

関連記事