占星術コラム

2018年木星逆行3月10日~7月10日の注意点・注目の日・占星術的な意味・解釈

2018年の春から夏にかけて(3月10日~7月10日)、木星が逆行します。この記事では、今回の木星の逆行に関して注意すべき点や注目の日、占星術的な意味・解釈・定義について書いていきます。

2018年の木星逆行(3月10日~7月10日)のスケジュール

2018年の木星逆行のスケジュールはこちらになります。

2018年木星逆行
  1. 2017年10月27日 地球と木星の衝 このとき木星はジオセントリックの蠍座3°
  2. 2017年12月12日 蠍座13°木星 逆行ゾーンに入る
  3. 2018年3月10日 蠍座23° 木星 逆行開始
  4. 2018年5月9日 地球と木星の会合 このとき木星はジオセントリックの蠍座18°
  5. 2018年7月10日 蠍座13°木星 順行のための留期間に入る
  6. 2018年9月10日 木星 蠍座18°を通過
  7. 2018年10月8日 蠍座23°木星 逆行ゾーンから出る
  8. 2018年11月26日 地球と木星の衝 このとき木星はジオセントリックの射手座3°






2018年木星逆行中に注目・注意すべき期間

今回の2018年の木星逆行中には、いくつか注目・注意すべき期間があります。

木星の留(ステーション)の期間

まず、木星が逆行開始のために動きが遅くなりほぼ動いていないように見える留(ステーション)の時期(retrograde station)と、順行に戻るべく再び留(ステーション)になる時期(direct station)です。

2018年の木星の留の具体的な日程と度数は以下のとおりです。

  1. 2018年3月7日~12日 蠍座23°付近で逆行前の留(ステーション)
  2. 2018年7月9日~14日 蠍座13°順行前の留(ステーション)

なお、2018年の木星の留の期間に刺激される蠍座13度と蠍座23度の度数のサビアンシンボルはこちら。

  • 蠍座13度(サビアンでは14度) 仕事をしている電話接続士
  • 蠍座23度(サビアンでは24度) 一人の男の話を聴くために山から降りてきた群集

ヘリオセントリック木星と地球の会合(地球暦の木星と地球の結び)

2018年5月9日、ヘリオセントリック(太陽中心、地球暦)でみたときに木星と地球が重なって見える合となります。これは、およそ399日ごとに起きる地球と木星の会合周期の終了と始まりとなります。

この日を境に、地球にとっての木星のエネルギーが刷新され、新しい会合周期のサイクルに入ります。






木星逆行の占星術的な意味・象徴・解釈と注意点

木星は、13ヶ月ごとにおよそ4ヶ月間逆行します。およそ1年に1回逆行すると考えても良いでしょう。

逆行のアーキタイプ(意味・象徴)について、進化占星術では「逆行する天体が持つ通常の意味や象徴に疑問を突きつけることで、より深いレベルでその天体の意味や象徴を理解しようとする衝動」だと考えます。そのため天体が逆行するときは、通常よりも内省的な現れ方や、通常とは違う現れ方をすると言われています。

木星が逆行すると、真理や真実、宇宙観に対しての見直しや再考、教師的・指導的な立場の存在に対するより深い理解が促されます。同時に、真理や真実、教育機関のあり方に関するネガティブな事象も目にするかもしれません。また、豊かさや幸運が失われたかのように思える現象を体験することもあるでしょう。

木星が逆行している間は、これまで絶対だと思っていた世界観の崩壊や、教師的な立場の存在への失望や失意を味わうことがあるかもしれません。また、当たり前に享受してきた豊かさや幸運への再考を促されるようなこともあるでしょう。木星が逆行している間は、より深いレベルでの真理や真実、それらをバックボーンにした指導者や教育への信頼、豊かさや幸運の見直しを体験する時期だと考えるとよいでしょう。

2018年の木星は蠍座に滞在します。蠍座のテーマに関する豊かさや幸運、真理と思われていることを、木星が逆行する間に見直してみるといいでしょう。たとえば、蠍座はデリケートゾーンや性器を司ります。デリケートゾーンのケアの新しい真実を探ったり、教えてくれる指導者を見つけてみることもおすすめです。また、逆行は「戻る」という意味でもあり、蠍座は先祖や祖霊など血縁集団との関係性も示唆しますので、ご先祖さまの歴史を紐解いたり、継承・伝承してきたもの・ことを振り返るなどの行為もよいでしょう。






まとめ:2018年の木星逆行の注意点・注目の日・意味・解釈

以上をまとめると・・・

まとめ
  • 2018年の木星逆行は3月10日~7月10日の間で、蠍座23度から蠍座13度まで動く。
  • 注目の日は、逆行開始と順行に戻るときの2回の留(ステーション)の時期。2018年3月7日~12日 蠍座23度と、2018年7月9日~7月14日 蠍座13度に木星が滞在する時は注意。
ABOUT ME
高橋ともえ
1981年生まれ。慶應義塾大学ドイツ文学専攻修士課程修了。ドイツ語・英語の通訳・翻訳、メディア運営。訳書に、『ヒーリングエンジェルシンボル』(ヴィジョナリーカンパニー)、『四気質の治療学』(フレグランスジャーナル)がある。詳しいプロフィールはこちらから。
パクスルーナ通信(無料メルマガ)のお知らせ

無料メルマガ「パクスルーナ通信」では、主にジェフ・グリーンの進化占星術や秘教占星術、ヘリオセントリック占星術など現代西洋占星術の知見を中心に、東西神秘学の情報に基づく折々の重要な星の配置や気付きのメモを毎月3~4回ベースで発信しています。

※定期便のサンプルはこちらからご覧いただけます。
講座やお茶会、ワークショップやセミナーはメルマガにて募集いたします。※2019年より少しずつセミナーを再開します。

注意:イニシャルのみや「あいうえお」等明らかに名前ではないご登録はご遠慮いただいております。ご登録いただいても削除いたしますのでご了承ください。本名またはビジネスネーム等でご登録ください。

★2019年1月7日現在、メルマガ登録フォームに異常があり、通常のフォームからは登録できない状況が続いています。1週間以上前に登録してまだ1通もメルマガが来ていない方は、お手数をおかけしますが暫定登録フォームよりご登録をお願いします(※下記ボタンより入れる外部サイトに暫定登録フォームのURLを記載しています)。

パクスルーナ無料メルマガ登録はこちらから

関連記事